郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > [郡山市]防水機能を高めましょう。(濱津)| 郡山塗装|福島

[郡山市]防水機能を高めましょう。(濱津)| 郡山塗装|福島

皆さんこんにちは!濱津です。

 

本日、日中は蒸し暑かったですが、夕方は雲が出てきましたね。

雨が降りそうで降らないという中途半端な天気でしたが、

塗装の作業は進みますので、実際に作業している職人さんにとっては程良い風があって、

作業しやすかったのではないかなと思います。

 

さて、本日はサイディングボードの外壁に欠かせない”シーリング”についてご説明致します。

 

シーリングとは、主に外壁の目地部分や、窓周りに打ってある

合成樹脂や合成ゴム製のペーストを充填したものです。

 

建物は、気温の変動や地震などの影響により常に動いています。

 

シーリングは、そんな建物の揺れを吸収したり、建物内への水の侵入を防ぐ為に

充填してあります。

 

シーリングが劣化する原因には「可塑剤」が関係しています。

「可塑剤」とは、輪ゴムに含まれている成分で、弾力性を保たせるものです。

この「可塑剤」の寿命は一般的に約5年と言われていますので、

「可塑剤」の寿命が切れてくるとシーリングも硬化し、亀裂やひび割れが生じてしまいます。

 

 

こちらの写真が、亀裂の入ったシーリングです。

亀裂やひび割れを放置しておくと、そこから水が内部に侵入し、

断熱材や木材の腐食に繋がります。

 

郡山塗装では、外壁の塗装前に、目地部分は撤去打ち替え窓周りは既存の上に充填をご提案させて頂いております。

シーリングの劣化を注意してみる機会は、意識しないとなかなかないと思います。

また、劣化の状態や目安等、ご不明な点は、郡山塗装スタッフが丁寧にご説明させて頂きますので、

ぜひ、お気軽にお問合せください。

 

では、また次回お会いしましょう!!