郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】その他防水について(増子)| 郡山塗装|福島

【郡山市】その他防水について(増子)| 郡山塗装|福島

スタッフブログ 2017.09.12 (Tue) 更新

皆さんこんにちは!

リモデル事業部の増子です!

 

さて、今回は前回に引き続き、防水について書いていこうと思います!

前回は、FRP 防水という防水について書かせていただいたのですが、皆さん覚えていますでしょうか?

今回はその他の防水についてです!

 

まず最初にウレタン防水についてです。

ウレタン防水とは、前回紹介したFRP防水と同じ塗膜防水の一種で、液状のウレタン樹脂を塗布して防水層を形成していく工法です。

メリットとしては、継ぎ目がないため雨水が浸入する心配がないということと、重ね塗りができるため既存のウレタン防水を撤去する必要が無いというところです。

 

次は、シート防水についてです。

シート防水とは、合成ゴムやプラスチックを1.2~2.5mmほどのシートに加工した耐候性や施工性に優れている防水シートを使用する工法です。

シート防水には2種類あります。

ゴムシート防水は材質がゴムでできている為、伸縮性・柔軟性があり、下地に亀裂ができてもカバーしてくれます。

塩ビシート防水は耐候性がある為、紫外線・熱などに耐久性があります。また、メンテナンス性にも優れており、長期的に使いたい方におススメです。

 

最後はアスファルト防水についてです。

アスファルト防水とは、液状の溶解アスファルトとアスファルトシートを積層することで、厚みのある防水層を作る工法です。

アスファルト防水の工法には2種類あります。

トーチ工法とは、シートの裏面と下地をトーチバーナーという大型バーナーであぶりながら貼り付ける工法です。

冷工法とは、改質アスファルト(従来のアスファルトよりの耐久性が向上したもの)粘着剤で貼り付けていく工法のことです。

 

皆さんどうでしたか?

防水にもいろんな種類があるのだと思っていただければ嬉しいです!

 

塗装・防水等気になる点がございましたら、下記の電話番号まで!!↓

0120-316-336

 

皆様からのお電話お待ちしております!