郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 【郡山市】モニエル瓦ってご存知ですか?(佐藤睦美)

【郡山市】モニエル瓦ってご存知ですか?(佐藤睦美)

2017.11.25 (Sat) 更新

こんにちは!

戸建てから集合住宅まで、屋根・外壁塗装の専門店[郡山塗装]、

リモデル事業部2年目の佐藤です。

 

先日書きましたブログで、

職場の人達と東京旅行へ行くと言っていましたが、

雨降るの中行ってきましたよ!

お昼は本格的中華料理、夜は住宅地にある知る人ぞ知る居酒屋さん!へ連れてってもらいました。

中華料理は、普段使わないような味覚を刺激され、どの料理もワンランク上の美味しさでした!

お店は20席あるかないかで、予約しないと入れないらしく、その時も満席でした。

居酒屋さんは、あらかじめ道を知っていないと辿り着けない様な、

入り組んだところにお店を構えていました。

生魚が豊富に揃い、サバの炙りが一番おいしかったです!

その他、浅草や東京駅周辺を散策、観光の時間も設けてもらいました。

家族とおじいちゃんへのお土産に買った七味唐辛子は、

雷おこしや人形焼、東京バナナより喜ばれましたよ(笑) 早くうどん、そばに入れて食べたい!

楽しい時間をありがとうございました。

 

さて、本題。

 

今回は、22日(水)から本格スタートしました、屋根外壁塗装工事の現場からお伝え致します。

いつも通り、しっかりとした下地補修後、高圧洗浄で水洗い、塗装と進んでいきます。

 

…が、今回は少し特別なんです。

 

屋根がモニエル瓦といわれるもので、表面にコンクリートの粉(スラリー層)が塗布してあります。

この層が悪さをして、ただ塗装するだけでは、

数年後、「塗膜が剥がれてきた!塗装したばっかりなのに!」となってしまうんです。

 

そうならないためのひと手間、

“ただの水ではなく、温水で洗浄して、スラリー層を剥がす”ことが必要不可欠です!!

 

 

 

 

 

 

60度の熱湯を使うので、水しぶきはちょうど冷めて温かい!

結果、素地の茶色が見えるほどに綺麗に剥がれました。

 

 

 

 

 

 

 

あとは、このモニエル瓦用のシーラー(下塗り材)を1回塗布、仕上げの色の付いた塗料(上塗り材)を2回塗布、

計3回塗りをして完成です!

 

絶賛塗装中ですので、今から綺麗に仕上がるのを楽しみにしつつ、

職人だけでは気づかない、塗り残しが無いように管理していきます。

 

では今日はここまで。

また来週お会いしましょう(“*)♪