郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】サイディングボード張替えの注意事項(濱津)

【郡山市】サイディングボード張替えの注意事項(濱津)

皆さんこんにちは!濱津です。

もうまもなくGW突入ですが、皆さんいかがお過ごしですか?

私のGWは特に予定もなく、唯一確定している予定は、実家の田植えのお手伝いくらいです。

私はかえるが大の苦手なので実家が農家にも関わらず、あまりお手伝いはしません。

でも、田植えは農業の中でも一大イベントなので、かえるがたくさんいる田んぼへ行かざるを得ないのです。。

普段全くお手伝いしない分、田植え頑張ってきます!!!!

 

さて、本日のブログは、外壁の補修についてです。

こちらは、外壁(サイディングボード)の角部分です。

大きくヒビが入ってしまっております。

 

 

 

 

 

クラックスケールを当ててみると、約1.6mmのヒビが生じています。

ここまで大きなヒビが生じると、シーリングの刷り込みをしただけでは

また数年後同じ場所にヒビが入る可能性があります。

 

 

 

 

そこで、今回こちらのご自宅では、ヒビが生じている角部分のサイディングを交換しました。

 

ここで、サイディングボードを張り替える場合の注意点をご紹介いたします。

今回のご自宅もそうだったのですが、平成20年以前は、ボードの厚みが12mmでした。

しかし、平成20年以降は、ボードの厚みが14mmに改正されております。

(※サイディングの種類によっては、16mmのものもあるそうです。)

なので、平成20年以前に建てられたご自宅のサイディングボードを部分で張り替える場合、

現在12mmのサイディングが販売されていない為、14mmのサイディングを張る必要がございます。

すると、張り替えた部分と既存のサイディングに2mm程度の段差が生じてしまいます。

張り替え後、周りにシーリングを打ちますが、若干段差が出てしまうので、ご注意ください。

 

今回はサイディングボードについてご説明させて頂きましたが、

ご自宅のことでわからないことがございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

それではまた来週お会いしましょう!

濱津なつみ

郡山店リモデル事業部