郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】既存の補修跡もお任せください。(濱津)

【郡山市】既存の補修跡もお任せください。(濱津)

皆さんこんにちは!濱津です。

5月も後半となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

残り2週間弱で6月に突入しますね!

6月のメインイベントといえば!

私、濱津の誕生日でございます(*^^)v

何事もなければ、今年で24歳になります。

私は20歳で郡山塗装に入社させて頂いたので、早いもので今年で4年が経とうとしています。

4年の間にたくさんのお客様にご縁を頂いて参りました。

施工が完了した後も良くして頂いているお客様もいらっしゃいます。

本当にありがとうございます。

これからもお客様に喜んで頂けるような施工を心がけて参りますので、

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、本日のブログは、ひび割れの補修跡についてです。

こちらの写真をご覧ください。☟

こちらは、以前どこかの業者さんが

補修した、ひび割れの補修跡です。

今回弊社で外壁の塗装を行わさせて頂く

こととなりましたので、こちらも補修します。

 

 

 

そもそも、現状の補修方法は、”Uカット”→”シーリング充填”が施された状態です。

※Uカットとは、ディスクサンダーという電動工具を用いてひび割れ部をUの字に削り、溝を作ることです。

※シーリング充填とは、シーリング材をひび割れ部(Uカット部)に入れることです。

 

この状態で上から塗装を施工しても、現在の補修跡が残ってしまい、綺麗な仕上がりにはなりません。

そこで、今回はより補修跡が目立たなくなるように補修を行いました。

 

まず、現在の補修跡の上にシーリングを被せます。

そして、そのままですと平らにはならないので、不陸調整を行ってから塗装を施工します。

 

私たちは塗装を専門に行っておりますが、ただ塗装を行うのではなく、仕上がりや耐久性などにも

こだわり、補修方法をご提案させて頂いております。

 

調査・調査報告書・お見積り書は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

それではまた来週お会いしましょう!

濱津なつみ

郡山店リモデル事業部