郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 【郡山市】スレート瓦の補修!(鈴木康)

【郡山市】スレート瓦の補修!(鈴木康)

2018.05.21 (Mon) 更新

皆さん、こんにちは!!

リモデル事業部の鈴木です!

 

昨日はまるで真夏のような暑さでしたね!

自分は一日中半袖半ズボンで過ごしていましたが、

さすがに夜は寒かったです!

日中と夜の温度差で体調を崩さないよう注意が必要ですね!

 

温度差による影響と言うと実はお家もその影響を受けています!

今回は屋根材の1つであるスレート瓦について書きたいと思います。

 

スレート瓦については郡山塗装のブログで度々出て来ていますが、屋根を見てほしいと言う依頼を頂いているお客様の

お家で多いのが、このスレート瓦です。

 

とても人気のある屋根材なんですが、主成分がセメント質の為、防水性が切れると水を吸水しやすくなります。

なので塗装によるメンテナンスが必要ですが、

それを怠ってしまうと、瓦が水を吸い込んでしまい

気温が高くなったときや下がった時の膨張を繰り返す事によって、瓦の反りやひび割れが発生してきます。

 

軽度なひび割れはシーリングの刷り込みによる補修を行いますが、欠損や劣化がひどい場合には瓦の差し替えを行う必要があります。

 

しかし、中には以前瓦を差し替えた場所にひび割れが発生し

ている場合などは、差し替えると瓦と瓦の重なり部分の幅が広がってしまい、雨などが吹き込みやすくなってしまう可能性があります。

 

そんな場合のひび割れ補修にはタスマジックを使ってみてはいかがでしょうか!

スレート瓦専用の補修材になるのですが、浸透型のため

瓦表面だけでなく裏面まで補修してくれ、多少の水分が残ってても施工でき、補修箇所の強度は元の屋根材の2倍にもなります!

 

ご自宅の屋根がスレート瓦の方!

ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください!