郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島市】屋根の防水性能は大丈夫?②(郷右近)プロタイムズ…

【福島市】屋根の防水性能は大丈夫?②(郷右近)プロタイムズ福島店 郡山塗装

スタッフブログ 2020.03.13 (Fri) 更新

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま。
プロタイムズ福島店 郡山塗装の郷右近です。

 

先日、スレート瓦の屋根塗装の防水性についてお話しました。

スレート瓦は防水性が切れると雨水を吸い込むようになり漏水に繋がります。

では金属屋根(トタン、ガルバリウム鋼板)はどうでしょうか。

金属屋根も塗装によって防水性が保たれています。

金属屋根の塗装の防水性が低下してきたサインはチョーキングの発生です。

触ると粉が付着する現象で、塗料の色の成分が浮き出てきている状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような状態になると塗装の防水性が失われてきております。

金属は塗装の防水性が低下してもすぐに漏水することはありません。

まず出てくる症状は錆の発生です。

錆が軽微なうちは良いですが、放置しすぎると金属屋根に穴が開いてしまいます。

穴が開いてしまったら塗装ではどうすることも出来ません。

金属屋根の塗装の時期としては錆が出る前がおすすめです。

金属を塗装するときには、下塗り材に錆止め塗料を使用しますが、

錆止めが一番効果を発揮するのは錆が発生する前です。

錆が発生してから錆止めを塗装しても既に発生している錆を無くしてくれるわけではありません。

錆が激しい場合は錆止めではなく、錆を固める錆固定材や錆転換材という特殊な塗料が必要になります。

 

穴が開いてしまう前に塗装をご検討してみてはいかがでしょうか。


私たちプロタイムズ福島店 郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま、お困りごとがあればプロタイムズ福島店 郡山塗装に是非お声がけください。

私たち郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。

マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に福島県内で10,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。

ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。

「全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。」という理念を大切にして、これからも福島県塗装実績No.1企業としての誇りを胸に、

多くの人々に喜んでいただき、福島と共に生き、福島にとって必要とされる企業でありづづけられるよう頑張ってまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム&雨漏りリフォーム&防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 郡山塗装

 

郷右近健

リーダー

スタッフ福島店