郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島市】外側と内側で見る劣化の違い(郷右近)

【福島市】外側と内側で見る劣化の違い(郷右近)

スタッフブログ 2020.11.07 (Sat) 更新

 福島市・二本松市・伊達市・伊達郡の皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装(プロタイムズ福島店)です!

今回のブログを執筆させていただく郷右近です!

写真はサイディング内部からの漏水です。

サイディングボード表面に染みができ、一部凍害が発生しております。

こちらのボードを剥してみると…………………………………………………….。

内部はこのような状態になっています。

防水紙はカビが生え、胴縁や柱にも水が回っている状態です。

このような状態を放置しておくと柱などの構造体の主要部位が腐食し、

耐震性の著しい低下や建物の建て替えに繋がる場合があります。

 

外から見る劣化と中で起きている劣化では大きな差がありますので、

まだ軽微な劣化だからと放置しておくと内部では大変なことになっているかもしれません。

 

早め早めのメンテナンスを心掛けましょう。


郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

郷右近健

リーダー

スタッフ福島店