郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】外壁材の隙間、甘く見ていませんか。(佐藤睦美)外…

【郡山市】外壁材の隙間、甘く見ていませんか。(佐藤睦美)外壁塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

こんにちは!

戸建てから集合住宅まで、福島の外壁塗装&屋根&防水・雨漏り専門店の郡山塗装

リモデル事業部2年目の佐藤です。

 

今年もたくさんの方とお会いし、お話しさせて頂く機会がありました。

先日、来春に行う、屋根外壁塗装・ベランダ防水工事のご契約へ

伺わせて頂いたのですが、嬉しいことが^^*

ステラおばさんのクッキーを頂きました!コレ、美味しいですよね~♪

クリスマス使用の箱がなんとも可愛いです。

家族にも分け、美味しくいただきました。ありがとうございます。

 

では早速本題へ。

 

ご自宅の外壁に隙間はありませんか?

築年数を10年、15年と重ねますと、どうしても劣化していくものです。

普段気にされないと思いますが、窓の周りや外壁材の目地をよく見てみてください。

 

よくあるのが、

窯業系サイディングの目地に使われています、シーリングが劣化することで起きる隙間です。

注目ポイントは、この ↑ サイディングの断面です。

 

気泡がたくさん見られますが、これがとても水を吸いやすい!!

乾いたコンクリートに水を垂らすと一瞬で染み込んでいく現象と同じことが起きます。

 

染み込んだ水があまりにも多いと蒸発しきれず残り、冬には凍ってしまいます。

凍ると体積が増えるので、それに耐えられなくなり、反りや凍害を起こします。

ここまで来てしまうと塗装だけでは補えず、大工さんを呼んでの大事な工事になってしまうのです。

 

こちらの写真のお宅は築12年、まだそこまでの劣化は見られず、

ちょっとしたシーリングの打ち直しと、外壁塗装で補修することが出来る程度でした。

 

ご自宅はいかがでしょうか。

福島県内塗装業界No.1の実績と信頼の技術で、多くの人々に喜んでいただき、

福島地域の皆様に必要とされる企業であり続けられるよう頑張っております。

困った事がありましたら、すぐご連絡下さい。

 

ではまた

来週お会いしましょう(“*)♪