郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > [郡山]冬に起きる外壁の劣化について(梅宮)

[郡山]冬に起きる外壁の劣化について(梅宮)

2018.11.13 (Tue) 更新

皆さん、こんにちは郡山塗装の梅宮です。

最近は寒くなってきて、暗くなるのも早くなってきました。

寒さに負けず風邪をひかないように頑張っていきます。

気温が低くなり5℃以下になると塗装はできなくなります。

これから塗装をお考えの皆様は来春の施工をお勧めいたします。

 

冬を越すとお家の劣化が進む場合があるのでご紹介いたします。

 

外壁にひびが見受けられる場合、、、

 

 

 

 

 

ひびから入った水分が冬の寒さで凍り爆裂することにより

ひびが広がります、、、

細かいひびはヘアクラックといいます。

0.3㎜以上のひびは構造クラックと呼ばれ雨水が侵入する可能性大です。

ひびが入る前、ヘアクラックのうちに塗装を行い住宅の劣化を未然に防ぐことが大切です。

現在、お家にひびが見受けられる方は早めの施工をお勧めいたします。

 

お家の状態に不安のある方、現在ひびが入っている方はしっかりとした診断が必要です。

お気軽にご連絡ください!!