郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 塗装施工時期(大坂)| 郡山塗装|福島市、伊達郡、二本松市…

塗装施工時期(大坂)| 郡山塗装|福島市、伊達郡、二本松市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

2020.12.28 (Mon) 更新

福島市、伊達郡、二本松市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく大坂です! 

ご自宅のメンテナンスで心配な部分はございませんか?

今回は、塗装の時期、季節について執筆したいと思います。

住宅の外壁・屋根塗装は紫外線、雨風によってダメージを受けていきます。また、経年劣化も起こるので、定期的なメンテナンスが必要です。

では、どの時期に、どんな工事が最適なのでしょうか。

季節 画像 に対する画像結果

・1~2月
一般的に塗装工事を行う方が少ない時期なので、価格交渉にも応じてもらいやすいかもしれません。。
一方、気温が低いため塗料の乾燥が遅くなって作業効率が悪くなったり、品質に悪影響を及ぼしたりする恐れがあります。

・3~5月
気温や湿度が安定して空気が乾燥しているため工期が短くなり、外壁塗装に適した季節といえます。
ただし塗装業者の繁忙期にあたるため、お客様の希望のスケジュールに合わせてもらえなかったり、十分な対応がしてもらえなかったりする恐れがあります。

・6~7月(梅雨の時期)
気温が高く日照時間が長くなるので、塗料が乾燥しやすくなるのがメリットですが、雨が多いので工期が遅れがちになります。
また雨に濡れて乾燥が不十分なまま塗り重ねてしまうと、塗膜の剥がれや膨れなどの欠陥につながるので、品質管理に注意が必要です。

・8月
気温が高く日照時間が長いので、塗料が乾燥しやすくなりますが、長期休暇と重なるので工事需要はそれほど多くありません。
また工事中は足場を掛けて建物をシートで覆ってしまうので窓を開けても風が入らず、昼間の室内ではエアコンの使用が必須になります。さらに台風で工期が遅れたりする可能性もございます。

・9月
気候が安定しているので塗装に適していますが、台風の影響を受けやすいのがデメリットです。

・10~11月
気候や気温が安定しているため塗料が乾燥しやすく、塗装のベストシーズンになります。
塗装業者の繁忙期になるので、評判の良い業者に依頼する場合には早めに依頼しておく必要があります。

・12月
雨が少なくて空気が乾燥しているので、作業効率が高くなります。ただ気温が低くなる地域は施工できない日が多々あります。年内に完成希望の方がほとんどなので、年末近くになると突貫工事のため品質管理が甘くなりこともあります。

季節によってメリット、デメリットはあります。どの時期であっても

業者側と施主様がこまめにコミュニケーションすることが工事成功の一つであることは間違いありません。

郡山塗装でも常に施主様の立場にたって施工管理をさせて頂きたいと思います。

 

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!