郡山塗装の施工事例外壁塗装&雨漏り専門店 郡山塗装の施工事例

HOME > 郡山塗装の施工事例 > 外壁塗装 > 【郡山市】T様邸 屋根外壁付帯部塗装工事

新築と思うかのような仕上がりです!!!

2020.10.13 (Tue) 更新
施工後施工後After
施工前施工前Before

【郡山市】T様邸 屋根外壁付帯部塗装工事 施工データ

工事内容 外壁塗装屋根塗装
工事を行ったきっかけ 全体的に色の退色が発生しておりました。
施工箇所 【郡山市】屋根・外壁・付帯部塗装工事 T様邸
使用材料 【屋根】スーパーシャネツサーモSi 【外壁】アステックペイント 超低汚染リファイン1000Si-IR
工事日数 約2週間

株式会社郡山塗装「施工事例」をご覧頂きありがとうございます。
㈱郡山塗装の石川です。

郡山市にあるT様邸の施工についてご紹介させていただきます。

施工内容としましては、屋根・外壁・付帯部塗装になります。

今回は施工事例というよりも、塗料について少しお話しできればなと思います。

ぜひ最後までご覧くださいい!!!

こちらは屋根の下塗り状況になります。

塗装は基本的には3回塗りですが、下塗りは1回目の塗装になります。

下塗りに使用しているのは、プライマー(シーラー)と呼ばれるものです。

シーラーというのは、1番最初に塗るもので、その後に塗る中塗り・上塗り(2回目・3回目)と塗装面の密着性を高める役割があります。

上塗り材にはあまり密着性がないため、シーラーが両面テープのような役割をします。

また、傷んでいる塗装面は塗料を吸い込んでしまう性質がございます。そこで、たくさんのシーラーを塗り、吸い込みを止めます。この場合ですと、2回のシーラー塗装(下塗り)を行う必要があります。

吸い込みが止まらない状態で中塗り・上塗りをしてしまうと、表面に両面テープがない状態で塗装を行うイメージなので、密着性が悪くなり、耐久性が落ちることがあります。

続きまして左の写真が中塗り(2回目)の状況になります。

右側の写真が上塗り(3回目)の状況になります。

今回の中塗り・上塗りで使用している塗料は、アステックペイントさんのスーパーシャネツサーモSi(ハイクラスシリコン)です。

こちらの塗料は、メーカーさんから認定を受けた施工会社でないと扱えない商品となっております。

では、普通の塗料と何が違うのかと皆さん気になりますよね!特別にご紹介しちゃいます!!

私たち郡山塗装で扱っている塗料の中で、ハイクラスシリコンとハイクラスフッ素というものがございます。

シリコンとフッ素は皆さんも聞いたことがあると思いますが、、、

このハイクラスとつくシリコンとフッ素には、一般的なものと違い機能性が+されています。

1つ目が、高耐候性です!

太陽光・雨水・温度変化などに対し、変質や劣化を起こしにくい性質のことです。

つまり!!!長持ち!!!

2つ目が、調整汚染です!

排気ガス・雨筋苔藻類・浮遊する砂などに対し、汚れにくい性質のことです。

つまり!!!キレイ!!!

3つ目が遮熱性です!

塗膜で太陽光を反射して、屋根や外壁の表面温度を上げにくくする性質のことです。

つまり!!!熱から家を守る!!!

4つ目は、退色防止です!

太陽光による顔料の劣化に伴う、退色や変色が起こりにくくする性質のことです。

つまり!!!色あせがしにくい!!!

どうでしょうか!塗料にこんな機能性があったのと驚いたのではないでしょうか。

私も初めてこの塗料の存在を知った時には、かなり驚きました。

塗料自体も耐久性が上がってきているのは、もう当たり前の時代なんですね。どこで差別化を図っていくかといったところで、このような機能性を持った塗料が皆様の生活を支えていきます。

塗料も進化してきているのです!!!(笑)

先ほども言ったようにこの塗料はメーカーさんから認定を受けた施工会社しか扱えません。

もしご興味や気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

現地調査から劣化状況の報告、御見積りまで無料で行っています。

この機会に大切な我が家の状態を認識するのもいい機会かもしれませんね♪

今回は、施工事例というよりもうちが扱っている屋根・外壁の機能性を持った塗料のご紹介でした。

今後も色んな情報をアップしたいと思いますので、ぜひお楽しみに!

最後までご覧いただきありがとうございました。