郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > [郡山]屋根外壁塗装《家のサインに注意!!》(安齋)|…

[郡山]屋根外壁塗装《家のサインに注意!!》(安齋)| 郡山塗装|福島

2017.08.19 (Sat) 更新

例年8月の今頃はうだるような暑さで寝苦しい日々を余儀なくされてきましたが、今年はどうでしょうか?雨模様の毎日で、気温も低く、長袖長ズボンと真夏にはほど遠い服装をしないと風邪をひいてしまいそうです。お盆の墓参りも寒さ対策が必要だったのは私だけでしょうか?真夏の陽ざしが恋しい今日この頃です。

 

 

さて、今回の私のブログのテーマは《家のサインに注意!!》です。写真はあるお宅の現場調査時点の状況です。浴室の出窓のサイディングが東日本大震災の影響で大きな亀裂が発生していました。当然、雨水の浸入を回避しなければならないので、施工時にサイディングの張替え工事をすることとなりました。

 

 

次の写真は施工がスタートし、指摘していたサイディングを撤去.した中の状況です。とてもビックリしたのが、水の浸入により内部の木部がボロボロに朽ち果てていたことです。このような状況を把握するには、外壁の僅かな変化事象を見逃さず、中を見て確認する必要があります。一方、この木部の状況から原因を突き止めなければなりません。原因の一つはサイディングの亀裂ですが、それ以外に浴槽のタイル箇所にも小さな隙間があったことが問題を大きくした背景と考えられます。

 

以上、原因もわかり、サイディングの張替えも終了、浴室の小さな隙間もシーリング処理しました。これで、問題は解決、今後は快適な生活を送れることと思います。

 

 

 

多忙な毎日から、《家のサイン》に気がつきにくいものです。しかし、今回のケースもありますから是非皆さんには《家のサイン》を見逃さずキャッチしていただければ幸いです。