郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島市】本当は怖いALCのひび割れ(郷右近)プロタイムズ…

【福島市】本当は怖いALCのひび割れ(郷右近)プロタイムズ福島店 郡山塗装

スタッフブログ 2020.02.12 (Wed) 更新

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま。
プロタイムズ福島店 郡山塗装の郷右近です。

今日はALCの割れについてお話します。

ALCとは軽量気泡コンクリートの略でヘーベルハウスさんが使用する外壁材です。コンクリート内部に無数の気泡があるため水に浮くほど軽く、耐震性に優れています。気泡があることで空気の層ができ、保温性や防火性も高いことが特徴です。

ですが、このALCには一つだけ欠点があります。

それは他の外壁材に比べ吸水性が非常に強いということです。

つまり、塗装の防水性が切れたり、ひび割れが発生するとあっという間に漏水してしまうということです。

ALCのお家ですと築10年を超えたあたりからALCの周りに打たれているシーリング材が紫外線劣化により硬化します。硬くなったシーリングは揺れについていけないため、表面の塗膜とともに割れます。

見た感じだと幅1㎜もない割れですのでほとんどの方が放置してしまいがちですが、この状態は雨が降る度に雨水が浸入している状態です。

家の中までは染みてきていないので家は大丈夫という話をされる方が非常に多いですが、壁の中には断熱材などが入っているためすぐに染みは出てきません。

人間と一緒です。見た感じは元気だけど、健康診断を受けたら病気が見つかるように、ALCも漏水は始まっているけど目には見えないという状態です。

そうしてメンテナンスを後回しにしていくことで150万円で済む工事が200万になり、300万になり、最終的にはメンテナンスが出来ず建替えになるといったケースが多いです。

ALCはひび割れが起きたら即メンテナンスくらいの気持ちで注意して見てみてください。

メンテナンスをしっかりしておけばALCほどしっかりしている建物もなかなかありませんので大事に扱っていきましょう。

 

郷右近健

リーダー

スタッフ福島店