郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】ノンアスベストのスレート瓦について(田中)|…

【郡山市】ノンアスベストのスレート瓦について(田中)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2020.02.03 (Mon) 更新

株式会社郡山塗装「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。
㈱郡山塗装の田中です。
郡山市・郡山市近辺の「外壁塗装・屋根塗装&リフォーム」
「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、郡山塗装にお任せください!!

みなさんのご自宅の屋根は何という種類の瓦ですか?
きっとスレート瓦のお家の方は少なくないのではないでしょうか?

日本の住宅で非常に人気の高いスレート瓦ですが、実は注意が必要な部分があります。
スレート瓦は大きく分けると「アスベスト」の入っているものと入っていないものに分かれます。

「アスベスト」と聞くとなんだか危ないイメージがありますよね。

アスベスト問題をきっかけとして、2004年にアスベストの入ったスレート瓦が禁止となりました。
そのため、2004年以降はアスベストの入っていないスレート瓦が流通するようになりました。

アスベストは高温や薬品にも強く、吸水しにくく、絶縁性・保温性にも強い上にピアノ線よりも
引っ張りに強い「奇跡の鉱物」とまで言われました。

そのアスベストが禁止されて、それに置き換えてパルプなどを添加してできたのが2004~2008年頃の
初期ノンアスベストのスレート瓦です。

ところが、強い「アスベスト」を使えなくなったことで強度に大きな課題が残り、割れや剥がれなどの
不具合が多発するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、築15年前後でスレート瓦のお家はこの「ノンアスベスト」である可能性があります。
塗装は「防水」するもので、「強度」を上げるものではありませんので、仮に塗装をしても割れは
進行し続けます。

割れの進行を止めるなら、「重ね葺き」や「葺き替え」などの工事が必要になりますのでご注意ください!

次回は、このノンアスベストの種類をご紹介します!

お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。
外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ
下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!
https://www.k-toso.com/toiawase/index.html
また、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装
屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。

郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。
https://fukushima-yane.com/
郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。
https://fukushima-toso.com/