郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島市】シーリングの劣化について(郷右近)プロタイムズ福…

【福島市】シーリングの劣化について(郷右近)プロタイムズ福島店 郡山塗装

スタッフブログ 2020.06.29 (Mon) 更新

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま。
プロタイムズ福島店 郡山塗装の郷右近です。

コロナも少しづつ落ち着いてきましたね。まだまだ油断はできませんが、

塗装工事のお問い合わせも例年以上に増えてきました。

コロナに負けずに頑張りましょう。

さて今日はシーリングについてお話します。

シーリングはサイディングボードの目地部分や幕板の上端、サッシ廻りなどに施されている防水材です。

このシーリングにひび割れや破断が発生するとあっという間に雨水が差し込み、漏水の危険性が高まります。

シーリングの寿命は5年~7年と言われており、塗装を行わないと表面が保護されず紫外線で劣化していきます。

写真はシーリングがなくなっている様子です。

これは紫外線劣化によりシーリングが溶けてなくなってしまった状態です。

こうなってしまうと水が入り放題ですので、あっという間に漏水します。

最悪の場合、柱や梁を腐らせ、建て替えに繋がる恐れもあります。

屋根外壁の塗り替えをご検討の際にはシーリングも一緒にメンテナンスを行いましょう。

割れたりしていなくても紫外線の影響で硬くなってしまっているので、塗装後割れる恐れもあります。

早めのメンテナンスを心掛けましょう。

 

 

私たちプロタイムズ福島店 郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま、お困りごとがあればプロタイムズ福島店 郡山塗装に是非お声がけください。

 

郷右近健

リーダー

スタッフ福島店