郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】傷んでしまったスレート屋根(桑島)

【郡山市】傷んでしまったスレート屋根(桑島)

スタッフブログ 2020.10.22 (Thu) 更新

白河市・いわき市・郡山市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく桑島です!

 

洗浄後のスレート屋根の写真です。

劣化した表面部分がボロボロと剥がれ、白くなってしまっていますね。

 

 

拡大するとこんな感じです。

欠損も見受けられます。

 

2004年~2006年の法改正により、アスベストの使用が制限された結果、

スレート屋根はかなり傷みが起きやすいものになってしまいました。

 

この時期に作られたスレート瓦は、技術的に未熟なものが多く、

10年程度しか経っていないにもかかわらず、ボロボロに傷んでしまっているケースがあります。

 

それ以降もノンアスベストのスレート屋根は少しはましになりましたが、

アスベストが入っていた頃に比べると、かなり脆弱です。

 

ここまで傷んでいる屋根には、塗装はおすすめできません。

今回は、重ね葺きの一種「シーガード工法」でご提案させていただきました。

どんな風に生まれ変わるのか、楽しみにお待ちください。

 

郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

 

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

桑島淳

スタッフ郡山店