郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】屋根の構造や屋根に関する用語!その72(石橋)|…

【郡山市】屋根の構造や屋根に関する用語!その72(石橋)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2021.02.08 (Mon) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく石橋です!

さて、屋根・外壁の塗り替えですが!

お家の塗り替えはたくさんの工程で塗装されています。

屋根・外壁の塗り替えを行うにあたり、知っておくべき工程と

内容を知ることが大切です。

 

 

ガルバリウム鋼板のメリット

ガルバリウム鋼板をひとことで表すと、「耐震性や耐久性、価格を総合的に比べると最もバランスの取れた素材」です。
コストパフォーマンスに優れた屋根材であり、外壁材であるということです。
評価項目としては、「価格」「耐久性」「断熱性」「メンテナンス性」「施工性」「耐震性」「耐風性」「デザイン性」などを比べた結果です。
もちろん、細かく建材の良し悪しを比べると、ガルバリウム鋼板が他の建材より劣るところはたくさんあります。

また、断熱性や遮音性を期待するのであれば、断熱材一体型のガルバリウム鋼板製品を使用しなければならない制約もあります。

ガルバリウム鋼板=他の建材よりも良い」わけではありません。
しっかりとガルバリウム鋼板のこと、他の建材のことを知って比べたうえで判断しましょう。

ガルバリウム鋼板のデメリット

ガルバリウム鋼板の錆び白錆びの発生はガルバリウム鋼板の劣化サイン
ガルバリウム鋼板は他の建材と比べて劣る点があるのも事実です。
たとえば、沿岸部や工場、森林近くでガルバリウム鋼板を用いると、錆びが発生するリスクが高まります。
割れる性質がない代わりに凹みやすい性質があります。
価格もコロニアルや窯業サイディングに比べると割高です。
また、誰でも施工ができる建材ではなく、専門的な板金技術を備えた板金工しか施工ができない建材でもあります。

新築における屋根と外壁のシェア

新築でガルバリウム鋼板の屋根と外壁が選ばれることは、リフォームに比べるとまだまだ少ないです。
住宅は初期コスト重視で建築されるからです。
建売住宅において、屋根はコロニアルやアスファルトシングル、外壁は窯業サイディングが今でも多く使われていますしかし、最近は消費者が得る情報量や知識が向上し、コストパフォーマンスの点でガルバリウム鋼板が他の外装材より優れているという認知が広がっています。
屋根については冒頭でも触れたように、すでにナンバーワンのシェアを獲得しています。

建売住宅の市場にも変化があり、ガルバリウム鋼板の屋根と外壁を標準外装材として採用しているハウスメーカーも増えています。

リフォームでは独占状態

新築と違い、ガルバリウム鋼板はリフォーム分野ではほぼ独占状態です。
その背景に「屋根カバー工法」と「外壁カバー工法」の有用性があげられます。

屋根カバー工法とは、古いコロニアルの上にガルバリウム鋼板の屋根を重ねてリフォームする工事方法です。
外壁カバー工法も屋根と同じく、古い外壁の上にガルバリウム鋼板の外壁を重ねて仕上げます。
軽いガルバリウム鋼板だからこそできるリフォーム工事です。
仕上がりは塗装と違って、新築に近い仕上がりが実感できます。

カバー工法は古い屋根や外壁をはがして処分する費用や工事期間を抑えることができます。
このカバー工法がポピュラーになり、ガルバリウム鋼板が爆発的に普及するきっかけになりました。

 

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

石橋達夫

執行役員マーケティング部長郡山店店長

スタッフ郡山店