郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 【郡山市】軒の長さは長いといいの??(大坂)|…

【郡山市】軒の長さは長いといいの??(大坂)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

2021.02.16 (Tue) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく大坂です!

いよいよ、温かい季節、春の風が吹いてきそうですね~。

今日は軒天の話をさせて頂きたいと思います。 皆さんは軒天がどこを指すかご存じでしょうか?

軒天 に対する画像結果 ココですね。

住宅における軒天の役割は3つあります。

1.建物の美観を整える

2.火事の延焼を防ぐ

3.屋根裏換気

1.建物の美観を整える

軒天は建物の美観を整える役割があります。

軒天が無い住宅もありますが、下から屋根を覗くと屋根裏の野地板や垂木な屋根の内部構造が丸見えになってしまうため、建物の美観性が損なわれます。

また、屋根の内部構造が剥き出しになっている状態は屋根の劣化速度を速めてしまうため、決して良いとは言えません。

このように軒天は建物の美観と整えると同時に、屋根の内部構造を保護する役割があります。

2.火事の延焼を防ぐ

軒天は火事の際に延焼を防ぐ役割があります。

火事の火の手は下から上に向かって延焼します。軒天が無いと屋根裏まで一気に火の手が延焼し、屋根があっと言う間に焼け落ちてしまいます。

軒天があることで屋根の延焼の拡大を防止してくれる役割があり、軒天には一定基準以上の防火性能が求められます。

準防災地域の木造二階建ての建物では、耐火時間30分以上の防火性能が義務づけられています。

このように軒天には火事の延焼を防ぐ役割があります。

3屋根裏換気

軒天に屋根裏換気口を取り付けて屋根の通気性を向上させる役割があります。

これはオプションではありますが、軒天に屋根裏換気口を取り付けることで屋根の通気性が良くなり、屋根裏の内部結露を防止することができます。

軒天に小さな通気穴が空いている有孔板(有孔ボード)を使用したり、軒裏換気口を取り付けることで、屋根裏に溜まった湿気を外部に排出することができます。

このように軒天に屋根裏換気口を取り付けることで、屋根の通気性能を向上させる役割があります。

お家の付帯部といわれる部分も非常に重要ですので、一度ご自宅の点検をしてみてはいかがでしょうか。

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!