郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】破風(窯業系)について(八城)| 郡山塗装|いわ…

【郡山市】破風(窯業系)について(八城)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2021.05.11 (Tue) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させて頂く八城です!

皆様、こんにちは!

本日は、破風(窯業系)の劣化について書きたいと思います。

窯業系の破風とは、主成分が吸水性の高いセメントになります。表面の塗膜が劣化すると、防水性が切れ水が破風内部に侵入し、劣化を進めていく事になりますので、塗装による保護が必要になります。

 

 

 

 

 

 

上記の写真は、破風(窯業系)の劣化状況写真になります。塗膜のひび割れや剥れが起きてしまい、水を吸い込んでしまう状態になっています。また、右側の写真は破風目地のシーリングの劣化状況になります。シーリングも経年劣化が進んでいくと、痩せ・割れ・剥れ等が起き、防水機能を低下させる要因となりますので、破風(窯業系)の劣化状況を見る際は、目地のシーリングの状態も一緒に確認する事が大事になります。

お家の事で気になる事がございまたら、お気軽にお問合せ下さい。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!