郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 雨漏れの原因 その3(大坂)| 郡山塗装|福島市、伊達郡、…

雨漏れの原因 その3(大坂)| 郡山塗装|福島市、伊達郡、二本松市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

2021.05.31 (Mon) 更新

福島市、伊達郡、二本松市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく大坂です! 

雨漏りの原因って?その原因と対策方法を解説

雨漏りの原因には自然的に起こるものもあれば、人為的に起こるものもあります。

様々な原因がありますが、雨漏りが何故起こるのか『代表的な雨漏り』ご紹介いたします。

ベランダからの雨漏り

屋根の防水と同じように、大体10年毎に防水塗装のメンテナンスをしてください。

植木鉢や小さい物置等を置いてあるお宅は障害物があることによって、水が留まる時間が多くなり防水機能が劣化しやすいようです。
また、植木鉢の場合は中の土が流れ出て、排水溝を埋めてしまうことがよくあります。
排水溝が埋まってしまうと水が流れず、この場合も長い時間、水が防水層の上に滞留することになり、それが防水層を傷める原因となります。
植木鉢を置く場合は、泥が排水溝に詰まってしまわないようにマメに排水溝の掃除をすることでベランダからの雨漏りのリスクを減らすことが出来ます。

防水処理をされているベランダは、たいてい洗濯物を干すことを想定して南向きの場合が多いので、結構な確率でその下は日当たりを良くしたい南向きのリビングとなっています。
大画面テレビやオーディオ類等、大事な電化製品が壁に沿って置いてあることがあり、雨漏りがそれらを故障させる原因となることもある上に、漏電が起きて火災の原因となることも考えらえれます。

火災が起きてしまった場合だけでなく、火災保険では雨漏りで故障した電化製品等の補償もしてくれることがありますので、もしそういったケースがありましたら瑕疵保険の約款を確認すると良いでしょう。

ベランダ内部にカビや汚れ

 ベランダ笠木シーリングの劣化

軒天の確認

排水溝の確認

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!