郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 雨漏れの原因 その2(大坂)| 郡山塗装|福島市、伊達郡、…

雨漏れの原因 その2(大坂)| 郡山塗装|福島市、伊達郡、二本松市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

2021.05.31 (Mon) 更新

福島市、伊達郡、二本松市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく大坂です! 

雨漏りの原因って?その原因と対策方法を解説

雨漏りの原因には自然的に起こるものもあれば、人為的に起こるものもあります。

様々な原因がありますが、雨漏りが何故起こるのか『代表的な雨漏り』ご紹介いたします。

2.防水シートの劣化による雨漏り

屋根材の下には防水シートというものがあり、時間と共に劣化していきます。
材料によって違いますが、古いものだと平均して15~20年で劣化し裂けてしまい、そこから雨が漏ってくる場合が多いようです。

特に、30年~40年くらい前に建売等で、比較的材料費をかけずに作られた一戸建てに、一番見られるのが、この防水シート劣化による雨漏りです。
これらの一戸建ては、大抵屋根材としてコロニアルやコンクリート、瓦、あるいはセメント瓦と呼ばれるような瓦を使っている家が多く、それらの屋根材の下に貼られている防水シートはお金をかけていない場合が多いです。

コロニアル屋根の場合は、強度が強くなく割れやすいことから、その割れた部分から雨が多量に入り込み、防水シートの劣化が早まるケースが多々あります。

セメント瓦、コンクリート瓦に関しては、防水の役割は塗装材が担っているため、屋根の塗り替えのメンテナンスを施していない場合には、築20年を過ぎたころから、かなりの量の雨が瓦を通して防水シートに到達している確率が高く、そのため、そのために防水シートの劣化が早まっているケースがよくあります。

そういった場合は特に、防水シートの劣化が早いですが、どちらにしても遅かれ早かれ、防水シートは劣化していきますので、築30年、40年くらいになると、防水シートの劣化を原因とする雨漏りはどんな家でも考えられるのです。

屋根裏からの雨染み

防水シート 

屋根裏から光りが漏れています

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。

創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!