郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【いわき市】外壁塗装のひび割れ(三部)

【いわき市】外壁塗装のひび割れ(三部)

スタッフブログ 2021.06.28 (Mon) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく三部です!

こんにちは!

いわき支店の三部です。

 

もうすぐ7月ですね。

あっという間に夏がやってきますね。

熱中症に気を付けて、水分しっかり取っていきましょう!

 

本日のブログは、

外壁塗装のひび割れについてです。

主な原因は、5つあります。

・1つ目は、

外壁塗装の経年劣化

外壁塗装は時間の経過とともに劣化が進行します。

ある程度劣化が進行すると、劣化症状としてひび割れが生じることがあります。

 

・2つ目は、

外壁塗装の施工不良

ひび割れが外壁塗装をしてすぐ、1年以内に生じた場合、

施工不良が原因の可能性があります。施工不良の例として、

乾燥不足、塗料の選定ミスが挙げられます。

 

・3つ目は、

車や電車などの振動

トラックや電車などが通過する時には、

少なからず振動が生じます。この振動が地面を伝って住まいにも振動を与え、

その結果、外壁塗装にひび割れが生じてしまうことがあります。

 

・4つ目、

地震

3つ目同様に振動が原因です。

地震の場合は、表層の外壁塗装だけではなく、外壁材などのひび割れている可能性が高いです。

 

・5つ目、

住まいの構造の問題など

構造の問題や、地盤の問題などがひび割れの原因に挙げられます。

地震と同様に、表層の外壁塗装だけではなく、外壁材などもひび割れている可能性が高いです。

 

こういったひび割れは、放っておいていいのか。補修が必要なのか。

・外壁塗装のひび割れが幅0.3mm未満の場合、ひとまず経過観察でも問題ありません。

幅0.3㎜未満のひび割れのことを【ヘアークラック】と言います。

ヘアークラックは文字通り髪の毛くらいの幅なので、

表面張力で水が浸入しにくくなっています。

 

・外壁塗装のひび割れが幅0.3mm以上の場合は、補修を検討しましょう。

ある程度、ひび割れが大きくなると、次第に雨水が浸入してきます。

雨漏りが起こる可能性が高まりますので、

早めに補修をすることをおすすめ致します。

 

 

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

 

 

 

 

 

■郡山塗装のYouTubeはこちら

 

 

三部真佑

サブリーダー

スタッフいわき店