郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【いわき市】屋根塗装について(三部)

【いわき市】屋根塗装について(三部)

スタッフブログ 2021.08.23 (Mon) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく三部です!

 

こんにちは!

いわき支店の三部です。

 

今回のブログは、

屋根塗装について

屋根は、 塗装できる屋根  と  塗装できない屋根  があります。 

そして、 塗装をしている屋根 は剥がれが発生します。

剥がれの原因として、経年劣化が挙げられ、

屋根は、直接雨水や太陽光の影響を受けるので、剥がれが発生してしまいます。

 

塗装をしてすぐ剥がれた場合は、施工不良の可能性があります。

屋根の施工不良の理由は以下のものが考えられます。

 

・下地面の強度不足

粘土瓦などの塗装に向かない屋根材に塗装した場合や

下地の屋根材に劣化があった場合は、剥がれが起こる可能性があります。

 

・塗装前のケレン・洗浄不足

塗装前に、下地の汚れなどを取るのにケレン(下地処理)と洗浄の作業が入ります。

この作業がしっかりできていないと

取り切れなかった過去の塗料の劣化により

上から塗った塗料が剥がれを起こすことがあります。

 

・塗料の選定ミス

屋根塗装では「下塗り、中塗り、上塗り」と3回塗装を行います。

その際、下塗り塗料と、中塗り・上塗りの塗料は違うものを使用します。(中塗り・上塗りは同じ塗料を使用します)

このとき、塗料同士の相性が大切で、相性の悪い塗料を使用すると塗装の剥がれにつながります。

 

・塗装時のミス

塗装時に、下塗り後、中塗り、上塗りと塗料を塗り重ねるためには、

前に塗った塗料を乾いた状態にする必要があります。

塗料が乾いていない状態でさらに塗装をすると塗装の剥がれが起きる場合があります。

その他、屋根塗装の剥がれは
・塗装する塗料の規定の塗布量を守っていない
・塗る予定ではない部分まで塗ってしまった
・下塗りを塗り忘れている
など、様々な塗装時のミスから起こる可能性があります。

 

塗装の剥がれは、すぐに雨漏りが発生する不具合ではありません。

しかしながら、確実に劣化は進んでいるため、補修が必要ということは頭に置いておいてください。

また、塗装後数年(1~2年以内)で剥がれが発生した場合は、施工不良の可能性もあります。

その場合は早急に補修の依頼を行なうことをおすすめします。

お気軽に郡山塗装までご連絡ください。

 

郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

 

 

 

 

 

■郡山塗装のYouTubeはこちら

三部真佑

サブリーダー

スタッフいわき店