郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】 屋根が腐っている??? (石川)|…

【郡山市】 屋根が腐っている??? (石川)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2021.08.29 (Sun) 更新

株式会社郡山塗装「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。
㈱郡山塗装の石川です。
郡山市・郡山市近辺の「外壁塗装・屋根塗装&リフォーム」
「外壁改修・屋上防水・雨漏り対策」ならぜひ、郡山塗装にお任せください!!
 

皆さんこんにちは!

リモデル事業部の石川です。

本日は屋根について少しお話させて頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

皆さんのお家の屋根には、棟板金というものがついていたりしますか。

棟板金とは、屋根の頂点部分にある金属製の板です。 屋根材の隙間を多い、雨などを防ぐ役割があります。

その棟板金を固定している釘が抜けていることがよく見かけられます。

釘抜けとは、金物及び下地木部の温度変化による伸び縮みに耐えられなくなった釘が抜けてしまう状態のことをいいます。

完全に抜けてしまいますと、釘穴から水の浸入が懸念されます。雨水が浸入すると、棟木などの腐食に繋がります。また、棟板金を固定するものがないので、棟板金が外れる恐れがございます。

外れた棟板金が歩行者に当たったら大変な事故になってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

また、新しく釘を打ち直した場合に、うまく釘が入らない場合があります。

このような状況の場合にも、下地の棟木が腐食している可能性があります。

棟木が腐食している場合には、棟木の交換が必要です。

せっかく棟板金を交換したり、塗装で綺麗にしても、下地がボロボロでは、雨漏りがしやすくなったりします。

棟木の状態は、棟板板金を外さないと分からないので交換や塗装をする際に一度外して状態を確認するのも良いかもしれません!

下地が腐食していた場合には営業さんや職人さんから報告があると思いますので、ご安心ください。

 

 

実際に釘の効きが悪かったので、剥がしてみました!!

完全に腐ってました!このようなことがありますので、しっかりと診断してもらいましょう!!!

 
お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。
外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ
下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!
https://www.k-toso.com/toiawase/index.html
また、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装
屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。
 
郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。
https://fukushima-yane.com/
郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームでお困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。
https://fukushima-toso.com/

石川斐士

スタッフ郡山店