郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】台風のとき、足場が立っていて大丈夫?(南郷)|い…

【郡山市】台風のとき、足場が立っていて大丈夫?(南郷)|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2017.10.23 (Mon) 更新

皆様こんにちは!

郡山塗装リモデル事業部の南郷です。

 

先週末は衆院選挙がありましたね。

最近は若い人の投票率が低下していることが問題視されますが、先日ネットであるコラムを読みました。

買い物へ行って、1万円分の買い物をする人はいますが、「1万円出すので何でもいいから服を売って」という人はいないと思います。

選挙も同じで、選挙に行かないということは、「税金を払うので、何でもいいからお金を使って」の状態なんだそうです。

わかりやすいたとえですよね。

私も選挙こそ行くものの、政治のことはあまり詳しくありません。どういう風に税金を使ってもらうのか、という視点で考えてみるとわかりやすい!と感じました。

 

今回の衆院選挙は台風と重なったところも多かったようですね。

郡山塗装でも、台風の動向は業務に大きく関わっています。

雨風によって塗装ができない、というだけではありません。

現在施工中の現場は、住宅の周りに足場が立っていますので、台風の前にはメッシュシートをたたむ、または風の通り道を作らなければなりません。

※メッシュシートがあると風の抵抗を受けてしまい、足場が倒壊したり、壁に穴があいたりしてしまいます。

住宅の塗り替えは足場がないとできませんので、足場ともうまく付き合っていかなければなりませんね。

 

住宅の塗り替えをご検討中の皆様、

郡山塗装ではしっかりとした品質、現場管理で皆様の納得のいく施工を行います。

安心してお任せください。

また、劣化診断、見積もりは無料で行っておりますので、気になる方、不安のある方、どなたでもお気軽にご相談ください。

南郷極花

郡山店リモデル事業部