郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 【郡山市】外壁補修のやり方(鈴木康)白河市、いわき市の郡山…

【郡山市】外壁補修のやり方(鈴木康)白河市、いわき市の郡山塗装

2018.03.26 (Mon) 更新

皆さんこんにちわ!!

福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装リモデル事業部の鈴木です!

 

こないだまでの寒さが段々和らぎ春の足音が近づいてきましたね。

 

そんな気候の今は絶好の塗装工事シーズンです。

私の現場も着々と工事が進んでいます。

 

今回は今施工中の現場で行っている外壁補修の内容について書きたいと思います。

こちらの写真はUカット工法という外壁のひび割れ補修を行っているところです。

ひび割れに沿ってUの字型に溝を作って、その溝にシーリング材を充填しています。

溝をカッターで掘るため、サイディングなどの厚みが薄い外壁材には用いることができません。

 

Uカットをすることで躯体とシーリングの接着面積が広くなることで、ひび割れ部が振動などで動いたとしても、

同じところに再びひび割れが起きにくくする効果があります。

 

しかし、外壁に電動カッターを用いて溝を作るので、その際に大量の粉塵が発生します。

集塵機など粉塵対策が重要になります。

 

また、Uカット工法によるひび割れ補修を行い、そのまま塗装すると補修痕がはっきり出てしまいます。

そのためUカットした部分は模様復旧を行うことが最終的な仕上げに大きく影響してきます。

通常塗装の工程は下塗り、中塗り、上塗りの3工程ですがUカットを行った場合は下塗りの前に

模様復旧を行い、既存の外壁の模様にあわせることで上塗り後の仕上がりがきれいになります。

 

お家の壁のひび割れが気になるけど、きれいになるのかなとお悩みの方、

是非郡山塗装にお問合せください!!