郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】シーリングの劣化について(郷右近)

【郡山市】シーリングの劣化について(郷右近)

スタッフブログ 2018.09.07 (Fri) 更新

皆様こんにちは。

郡山塗装の郷右近です。

 

雨の日が続き、憂鬱な気分になってしまいますね。

仕事でもプライベートでも雨よりは晴れてくれる方が助かります。

早く晴れた日が続くといいのですが………………………………。

 

さて、本日はシーリングについてお話しします。

シーリングとは目地部やサッシ廻りに打たれている防水材です。

モルタル外壁等では使用されていないことが多いですが、サイディングボードのお家には

ほとんどの場合、このシーリング材が打たれています。

 

このシーリングが劣化すると………………………..

写真のように大きく隙間が空いてきたり、ひび割れてきたりといった症状が現れます。

 

シーリングが打たれている目地の内側は柱など建物の構造体になっているものが多く、

目地から雨水が浸入し、建物内部に流れ込むとサイディングボードの劣化だけでなく、

建物自体が著しく劣化し、耐震性などの観点からも非常に危険な状態となりかねません。

 

そのため、シーリングにひび割れや亀裂が見受けられる場合は大至急メンテナンスを行いましょう。

ただシーリングを打つだけですと紫外線によりすぐに劣化してしまいますので、

シーリングの工事を行った後に、しっかりと塗装を行い、紫外線からシーリングを守ってあげることで、

安心して防水性を保つ事が出来ますので、痛みが出始めている建物は両方メンテナンスをすることをお勧めします。

郷右近健

郡山店リモデル事業部