郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【白河市・西郷村】窯業系サイディングについて(南郷)

【白河市・西郷村】窯業系サイディングについて(南郷)

スタッフブログ 2018.11.07 (Wed) 更新

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

皆様こんにちは!

最近、コンビニで素敵な商品に出会いました。

なんと、30cmくらいの大きなカステラが99円だったんです!!!!

もう迷っている暇はない、と即決で買いました。

それが昨日の話で、今日も朝寄って違う味を買ってきました。

明日も買いたいのですが、消費が間に合いません(笑)

 

さて、本日は日本の住宅の8割で使われている人気の外壁材「窯業系サイディング」についてご説明いたします。

窯業系サイディングは、内容成分の80%がセメント、残りの20%が繊維質や増量材で作られています。

セメントと聞くと、丈夫なイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、実は素材自体の防水性がありません。

この、「素材自体の防水性がない」というのは、サイディングの表面に施してある塗装が劣化してしまうと、水を吸収してしまうという意味です。

※新築時の場合、工場でアクリル樹脂塗装が施されている場合が多いです。

 

では、外壁材が水を吸収してしまうと、何が悪いのでしょうか。

まず、窯業系サイディング自体が劣化します。

雨や湿気等で水を含んだサイディングは、冬の時期に氷点下になってしまうことで、サイディング内部で凍結してしまいます。

水の性質として、液体の水よりも固体の氷の方が、体積が大きくなりますので、内部で凍結した水はサイディングを突き破ってしまいます

凍害の発生です。

さらに、凍害を起こさなくても、水を吸収して乾燥、吸収して乾燥を繰り返すうちに、

サイディングボードが反ってしまい、継ぎ目部分等に隙間が生じる場合も。

さらに放置すると、住宅を支える重要な柱や梁にまで水が到達し、腐食の原因となってしまいます。

 

 

窯業系サイディングはデザイン性も優れていて、すばらしい建材ですが、

一度凍害反り発生してしまうと、補修で元の状態に戻すことはできません。

劣化が著しい場合は、交換工事となってしまいます。

 

凍害や反りといった問題を発生させる前に、水を家の中にいれないよう、防水塗装をしてあげましょう。

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

http://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

南郷極花

白河店リモデル事業部