郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【白河市・西郷村】スレート瓦の屋根塗装(南郷)

【白河市・西郷村】スレート瓦の屋根塗装(南郷)

スタッフブログ 2018.11.29 (Thu) 更新

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

白河市・西郷村にお住まいの皆様こんにちは!

寒くなってきたせいか、家の猫ちゃんが夜な夜な大運動会を終えると、お布団の中に入ってきます。

もう私は眠っているのに「布団の中に入れて!」と前足を器用に使って起こしてくる姿が、可愛いような憎いような。

結局可愛さに負けて、毎日腕枕をしてあげます。

そして朝起きると私の枕は猫ちゃんに占領されています(笑)

 

本日は日本の約6割の住宅で使用されているスレート瓦についてご説明いたします。

 

スレート瓦は、内容成分の85%がセメントで構成されています。

そのため、素材自体に防水性がありません。

新築時には、工場から出荷される際に表面にアクリル樹脂塗装が施されているため、防水性が保たれています。

しかし、そのアクリル樹脂塗装、5~7年で劣化するため、一般的には10年を目安に塗替えを推奨しています。

※立地条件等により劣化の速度は異なります。

 

スレート瓦の劣化が進行しますと、色褪せや塗膜剥離、苔・藻等が発生してしまいます。

このような状態になりますと、塗装による防水性が切れてしまっているため、雨が降るとじわじわと水を吸収してしまいます。

 

※写真は吸水試験を行っています。

 

スレート瓦自体が水を吸収しますと、スレート瓦の中にしみこんだ水が、

冬場に氷点下になると中で凍結し、膨張(水は凍ったときのほうが体積が大きくなります)。

ひび割れが発生してしまいます。

そのひび割れをそのまま放置してしまうと、何度も凍結・膨張を繰り返し、大きな欠損となってしまいます。

 

屋根は、外壁と違い普段目に見えない部分です。

「屋根はまだ大丈夫だろう」とおっしゃる方も多いですが、屋根と外壁では屋根のほうが劣化しやすい箇所です。

屋根は住宅の中で一番、太陽光や雨風にあたりますので。

 

日々私たちを雨風から守ってくれている屋根のために、しっかりとしたメンテナンスをしてあげましょう!

 

 

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

http://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

南郷極花

白河店リモデル事業部