郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】屋根・外壁塗装 外装リフォーム 塗料紹介(遠藤)…

【郡山市】屋根・外壁塗装 外装リフォーム 塗料紹介(遠藤)アステック 

スタッフブログ 2018.11.28 (Wed) 更新

皆さんこんにちは。郡山塗装の遠藤です。

今回は今一番人気のある塗料についてご紹介します。

様々なメーカーから色々な塗料が出てますが、今回はアステックペイントの超低汚染プラチナリファイン2000MFという塗料を紹介したいと思います。

その名の通り!この塗料は低汚染性を追求し開発された塗料です。

大きな特徴は1.超低汚染性 2.超耐候性 3.遮熱性 4.遮熱保持性の4つです。

一つづつ詳しく解説していきます。

まずは超低汚染性です。無機成分を配合し、フッ素樹脂の表面に層を作ることで帯電しにくくなり汚れの付着を防ぎます。

また、この無機成分が持つ極めて優れた親水性により付着した汚れと塗膜の間に雨水が入り汚れを洗い流すため、汚れが定着するのを防ぎます。

さらに防カビ性にも優れているので長期間、建物の美観を保持できます。

次に超耐候性ですが、耐用年数は2126年相当と通常のフッ素塗料を凌ぐ耐用年数となっています。

これは、塗膜の劣化因子であるラジカルの発生を抑制する顔料を使用しているからです。

一般塗料の白色顔料(酸化チタン)は紫外線の影響を受けると樹脂の劣化因子「ラジカル」を発生させ、

周囲の樹脂を破壊、劣化させてしまいます。超低汚染プラチナリファイン2000MFではラジカルによる樹脂の劣化を抑えるシールド層を有する

高耐候型酸化チタンの使用により劣化の進行を抑制しています。

また、HALS(光安定剤)も配合されている為、抑制しきれなかったラジカルを捕えることができ、更なる耐候性の向上を実現しました。

そして遮熱性ですが、これは顔料を遮熱顔料にすることで遮熱機能を持たせることができますが、通常の遮熱顔料と違って、

平均日射反射率が高い「特殊遮熱無機顔料」をしているので、高い遮熱性が実現しました。

最後に遮熱保持性ですが、遮熱効果を謳った塗料は他にも多くありますが、この超低汚染プラチナリファイン2000MFのすごいところは、

長期に渡り遮熱性を発揮し続けられるところです。通常は塗膜に汚れが付くと、その汚れが熱を吸収してしまう為、徐々に遮熱効果が低下してしまいます。

しかし前述した超低汚染性により塗膜の表面が汚れにくい為、汚れによる熱の吸収を防ぎ、長期間経過しても遮熱性能を発揮し続けます。

このように非常に素晴らしい塗料ですが、一番重要なのはそれぞれのお家の状態に合った塗料選ぶことが重要です。

今回は超低汚染プレミアムリファイン2000MFという塗料をご紹介しましたが、他にも機能性に優れた塗料はたくさんあります。

塗料の選定を間違えない為にも、しっかり外装のプロにお家の劣化状況を診断してもらい、今後のライフプランに合わせた塗料をお選び下さい。

まずは外装劣化診断をしてご自身で状況をしっかり把握する必要がありますので、お気軽にお問合せ下さい。

----------------------------------------

福島の外壁塗装&屋根リフォーム専門店 郡山塗装へのお問合せはこちらです。

TEL0120-316-336(営業時間9:0018:00

メールでのお問い合わせはこちらです。

お問い合わせフォーム

-----------------------------------------

 

遠藤卓弥

郡山店リモデル事業部