郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】動く!?住宅の伸び縮み(桑島)

【郡山市】動く!?住宅の伸び縮み(桑島)

スタッフブログ 2018.12.10 (Mon) 更新
こんにちは、当ブログをご覧いただきありがとうございます。

戸建てから集合住宅まで、福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装

リモデル事業部の桑島です。

 

 

めっきり寒くなりました、、、

急に雪が降って驚きましたね。

普通初雪はぱっと舞う程度だと思っていたのですが、

しっかりと積もって二重でビックリでした。

 

 

寒さに弱い(熱さにも弱い)私は今ユニクロのヒートテックを上下とも着用しています。

ネットの情報ですがヒートテックは2.3回洗うと生地表面の繊維がへたってしまって効果が減るとか。

そういえば買った時よりあったかさ感じなくなった気もします。

困ったものです。

 

 

タイトルにもありますが、住宅が生き物のように伸び縮みしているというお話です。

金属系の屋根なんかはわかりやすいのですが、温度の変化によって伸び縮みします。

私の母校の中学校では、体育館屋根が日中温まることでベコベコと音を出していました。

当時は上に何かいるのかと怖かったのですが、まさしくそれです。

カップ焼きそばのお湯をシンクに捨てた時と同じで、金属が高温により大きくなっているのです。

 

 

夏は70℃以上、冬は氷点下になる金属屋根。もちろんそれを考慮して設計はされているのですが

不具合が生じてくる箇所があります。

屋根の釘抜けです。

 

 

本来釘はしっかり止まっているのですが、収縮を繰り返すことにより、徐々に釘が抜けてきてしまいます。

屋根はしっかりしていても、この釘穴の隙間から水分が浸入し、内部をダメにしてしまいます。

 

コロニアル(スレート)や、瓦屋根の方も要注意です。

コロニアル事態の温度収縮は少ないのですが、塗膜の防水機能が切れ、水分を含んだ状態だと

水分によって大きく収縮します。

また、棟部分等は金属製で、釘止めされていることが多く、釘抜けの可能性があります。

 

 

外壁でも同じ現象が起きます。防水機能が切れ水分を含んだ外壁は同じく温度によって収縮し、ひび割れ、反りがおきます。

中には凍害といって、中の水分が凍ることで膨張、爆裂し、大きく欠けてしまうことも、、、

 

 

冬場は凍害が多く、春の雪解けとともに欠けや浮きが顔をだします。

春になって家がぼろぼろになっていたら、、、

何事かと思ってしまいますね。

 

釘抜けに関しては、新しく抜けづらいスクリューの付いた釘にする等で対応を行います。

表面温度の上昇を抑える遮熱塗料も充実してきており、こちらの塗布で収縮をある程度抑えることが出来ます。

表面の塗膜を一新することで、耐水性も復活させることが出来ます。

 

水分を浸入させないことが一番の住宅を長持ちさせる秘訣です。

塗装で出来る対策、釘等のメンテナンスによる対策。

やるとやらないでは大違いですね。

 

----------------------------------------

福島の外壁塗装&屋根リフォーム専門店 郡山塗装へのお問合せはこちらです。

TEL:0120-316-336(営業時間9:0018:00

メールでのお問い合わせはこちらです。

お問い合わせフォーム

-----------------------------------------

 

桑島淳

郡山店リモデル事業部