郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【白河市・西郷村】スレート瓦屋根塗装のススメ(南郷)

【白河市・西郷村】スレート瓦屋根塗装のススメ(南郷)

スタッフブログ 2018.12.11 (Tue) 更新

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

白河市・西郷村にお住まいの皆様、こんにちは!

朝方だいぶ冷え込むようになりましたね。

この時期、早く起きて車を暖めなければ、ということは頭では理解してるのですが、

それと比例して体のほうは布団から出たくない、部屋から出たくない、とわがままになります()

いつもギリギリまで部屋にこもっているので、もう少し余裕のある朝にしたいですね~。

 

 

さて、本日はスレート瓦についてお話させてください。

スレート瓦は内容成分の85%がセメントで構成されています。

そのため、スレート瓦の素材自体には防水性はありません。

新築時、アクリル樹脂塗装を施されて工場から出荷されるため、57年で劣化します。

新築から10年を目安に最初の塗装をすることをオススメしています。

 

しかし残念なことに、10年以上無塗装のままのスレート瓦もございます。

メンテナンスをせずに放置してしまうと、

 

○反り

水の吸収・乾燥を何度も繰り返し、少しずつスレートが反ってしまい、建物内部に水が進入しやすくなります。

 

○ひび割れ・欠損・凍害

同じく水の吸収・乾燥を何度も繰り返す中で、しみこんだ水が冬場にスレート瓦内部で凍結してしまいます。

凍結すると水は体積が大きくなりますので、内側から爆裂し、凍害を引き起こします。

さらにそれが続くと、ひび割れがだんだんと大きくなり、大きな欠損となります。

 

○苔・藻

苔・藻が繁殖しているスレート瓦は、既に瓦の中に湿気が充満している状態です。

これらの根っこは根酸とよばれる酸性の物質を排出します。

一方スレート瓦は先程もお話したとおり、内容成分の85%がセメントでできているため、アルカリ性の建材です。

酸性とアルカリ性が一緒になると、中性化してしまいますよね。

屋根でも同じ現象がおき、中性化することでスレート瓦が脆くなり、こちらもひび割れや欠損の原因となります。

 

 

等、様々な劣化を引き起こします。

こうした劣化を防ぐためにも、お水から屋根を守るため、

延いては建物内部の生活空間にお水をいれないためにも、しっかりと防水塗装を行いましょう。

 

 

 

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

http://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

南郷極花

白河店リモデル事業部