郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】雨樋にもチョーキング?(濱津)

【郡山市】雨樋にもチョーキング?(濱津)

スタッフブログ 2018.12.12 (Wed) 更新

皆さんこんにちは!濱津です。

土曜の夜に郡山も雪が降りましたが、昨日の夜も降りましたね!

今回の雪は水分を多く含んでいたので、路面の凍結まではいきませんでしたが、

次の日の天気を予測して早起きする時期がやって参りました。

この時期の早起きは本当につらいですが、頑張って起きましょう!

 

あ、我が家では先週クリスマスツリーとこたつを出しました!(^^)!

毎年隅々まで大掃除をすることができないので、今年は休みの日に少しづつお掃除をしていきたいと思います。

 

さて、本日は雨樋の劣化についてです。

雨樋の材質にも、塩化ビニールや金属など種類がございます。

しかし、いずれの材質にせよ、紫外線の影響や経年劣化による劣化は免れません。

まずはこちらの写真をご覧ください。

 

こちらは一般のご自宅ではなく、工場のような大きな建物の雨樋です。

金属でできていて、手で触ると白い粉のようなものが付着します。

この現象が、度々ブログにも出てくるチョーキング現象です。

また、写真にはあまり写っていませんが、既存の塗膜が剥がれ、

錆が生じている箇所もございます。

 

今回の雨樋は金属製ですので、錆を放置していますと、腐食し、穴が空いてしまう可能性がございます。

現在の劣化状態であれば、適正な下地処理を行い、錆止め塗装の後中・上塗りを行うことで更なる劣化を

防ぐことが可能です。

 

まずは、現状を把握することが大切ですので、お気軽に郡山塗装へご連絡ください。

 

それではまた来週お会いしましょう!

(もうすぐクリスマス、そして年末ですので、体調管理をしっかりして風邪をひかないようにしましょう!!)

 

濱津なつみ

郡山店リモデル事業部