郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【白河市・西郷村】スレートカバー工法・外壁塗装(南郷)

【白河市・西郷村】スレートカバー工法・外壁塗装(南郷)

スタッフブログ 2018.12.18 (Tue) 更新

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

白河市・西郷村にお住まいの皆様、こんにちは!

今朝は風が強かったですね。

これが噂に聞く「那須おろし」か、と出勤しました。

那須に降っているのであろう雪が、那須おろしに乗って西郷村まで吹き荒れていました。

これからの季節、こんな天気が続くのかと思うと、ひえ~って感じです。

 

 

さて、そんな那須おろしの吹き荒れる中、本日は白河市みさかにある住宅の現場調査を行いました。

スレート瓦窯業系サイディングのお住まいです。

 

スレート瓦は2004年以前は85%がセメント、残りの15%がアスベストで構成されていましたが、

2004年以降はアスベストが含むことができなくなりました。

こうしたノンアスベストのスレート瓦は、2004年以前と比較するととても脆く、ひび割れや欠損が多く見受けられます。

写真は、今日伺ったお住まいの様子です。

欠損している瓦も多く、また凍害を繰り返し、塗装しても剥がれてしまうほど建材が痛んでいました。

今回は金属によるカバー工法をご提案いたします。

 

 

 

窯業系サイディングは、大きなひび割れや反りといったサイディングボード特有の劣化は少なかったです。

しかし、チョーキング現象が発生し、防水試験でも撥水している様子は確認できませんでしたので、防水性は切れている状態です。

塗装によるメンテナンスをご提案いたします。

 

チョーキング現象:塗膜が劣化し、顔料が表面に浮き出てしまっている状態です。

防水性が切れているサインです。

 

防水試験:外壁に水を噴きかけ、どのくらい撥水性を保っているのかを確認します。

写真では見えづらいかと思いますが、水をジワジワと吸い込み、撥水はしていません。

 

 

皆様のお住まいは、スレート瓦や窯業系サイディングはございませんか?

どちらも主成分はセメントですので、定期的な塗装によるメンテナンスが必要になってきます。

塗装の時期をしっかりと見極めて、お住まいを水から守ってあげてください。

 

 

 

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

http://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

南郷極花

白河店リモデル事業部