郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【白河市】補修すると塗装ができなくなる!?(南郷)

【白河市】補修すると塗装ができなくなる!?(南郷)

スタッフブログ 2019.02.01 (Fri) 更新

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

皆様こんにちは!

先日、素敵な出会いがありました。

屋根塗装の見積依頼をいただきお伺いしたのですが、

お話をお聞きしたところ、とても楽しそうな充実した毎日を過ごしているお客様でした。

定年まで飛行機のパイロット、カクテルバーでしばらく働いて、

今は自分で設計したお住まいで奥様と社交ダンスをしながら、たまに旅行をして……。

明るくあたたかいご夫婦で、ご友人もたくさんいるのだとか。

私もそんな人生を歩みたいなあ、と。

私たちの仕事はお住まいのメンテナンスをお手伝いする仕事ですが、

こうしてたくさんのお客様のお話を聞くことができて、勉強になります。

もっともっといろんな方とつながっていきたいなと思います。

 

 

少しお話が長くなってしまいましたね。

本日はシーリング(コーキング)についてお話いたします。

モルタル外壁や窯業系サイディングボード、ALC等の外壁は、劣化が進むとひび割れが起こってしまいます。

このひび割れを放置してしまうと、風が強い日の雨や台風等で雨が外壁に当たってしまい、水の浸入を引き起こしてしまいます。

水を浸入させないために、ご自分でひび割れ補修―――シーリング補修を行う方も少なくありません。

ご自分のお住まいをご自分で守る、とても大切なことですね。

しかし、このセルフ補修が時々大変な事態を引き起こしてしまいます。

 

先日お伺いしたALC外壁の住宅は、ひび割れが気になった旦那様がシーリング補修で補修を行ったのですが……。

そのときに使用したシーリングがシリコンシーリングだったため、上から塗装工事をすることが難しくなってしまいました。

 

シリコンシーリングはお風呂場等の水回りに使用します。

非常に丈夫な材料ですが、可塑剤と呼ばれる物質を含んでおり、上から塗装を行うことができません。

また、その可塑剤が周囲の外壁にしみこんでしまうため、

塗装をしても剥がれる原因となってしまったり、うまく色が仕上がらなかったりしてしまいます。

今回のお客様には、シリコンシーリングが外壁全体に施工してあり、

外壁のカバー工法(金属サイディングの重ね張り工法)でご提案をしています。

 

塗装によるメンテナンスで済ませるためにも、ひび割れ補修する際には、ノンブリードタイプのシーリング材を使用してください。

皆様のお住まいのメンテナンス、ご縁をいただけることをお待ちしております。

 

 

 

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

http://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

南郷極花

白河店リモデル事業部