郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島県 】 スレート屋根の耐久性~長持ちさせるためのメン…

【福島県 】 スレート屋根の耐久性~長持ちさせるためのメンテナンス方法!その2(石橋)| 郡山塗装|福島|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2019.08.08 (Thu) 更新

皆様こんにちは。

福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装の石橋です。

さて、屋根・外壁の塗り替えですが!

お家の塗り替えはたくさんの工程で塗装されています。

屋根・外壁の塗り替えを行うにあたり、知っておくべき工程と

内容を知ることが大切です。

1.スレート屋根の耐久性はどのくらい?

スレート屋根の耐久性は10~20年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレート屋根は厚さが4.5mmで内容成分の85%がセメント、15%が石綿で形成されています。主成分がセメントであることからスレート屋根自体に防水性はなく、塗装で守ってあげることが必要な屋根材です。

そのスレート屋根の耐久性は、メーカーによるはっきりした公表はありませんが、20年ぐらいが一般的な耐久年数と考えると良いでしょう。もちろん、家が建っている気象条件、環境によっての劣化の進行具合は変わるので一概に20年とは言えません。スレート屋根の劣化は塗膜が劣化し、防水性が失われると同時に一気に進みます。その為、条件によっては10年しか持たない場合ありますし、30年以上も持つスレート屋根もあります。

厚さが4.5mmと薄いため強度は高くありませんが、2004年以前のものにはアスベスト(石綿)が15%含まれており、スレート屋根自体の強度を高くする為に重要な役割を果たしていました。アスベストは非常に細い繊維で構成されている為、セメントと一緒に混ぜ合わせることで高い耐久性を発揮していました。スレート屋根に使用されているアスベストは瓦自体が割れて欠けたりすることがない限り、周囲に飛散することはなく人体に悪影響はありませんが、定期的に塗装を行い、瓦が割れないようにすることが重要です。

※人体に悪影響を及ぼしてしまうものとして2004年10月にアスベストが禁止され、その時期以降のスレート屋根にアスベストは含まれておりません。

お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな?

などなど、お家のことで何か気になることがありましたら

どんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!!

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

 https://fukushima-toso.com/contact/

福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、

屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-316-336 (日曜・祝日除く、9:00~18:00)

ぜひお気軽にお電話ください!!

外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」は、創業89年福島県郡山市で、外壁塗装会社として創業しました。

公共工事がメインでしたが、郡山市、いわき市、白河市の福島にお住まいの皆様から、「戸建て住宅の

外壁塗装や屋根の塗り替えを、郡山市や白河市、いわき市でも行ってほしい」という声が多くなり、

外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。

「全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。」 を会社の目的として、これからも福島県内塗装業界No.1の実績と信頼の技術で、

多くの人々に喜んでいただき、福島地域の皆様と共に生き、地域にとって必要とされる企業であり続けられるよう頑張ってまいります。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石橋達夫

執行役員統括営業部長郡山店店長

スタッフ郡山店