郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】コンクリート打放し住宅も郡山塗装で承ります!(南…

【郡山市】コンクリート打放し住宅も郡山塗装で承ります!(南郷)外壁塗装

スタッフブログ 2017.10.09 (Mon) 更新

皆様こんにちは。

郡山塗装リモデル事業部の南郷です。

 

この3連休で、卓球の試合に行ってきました。

試合に出るのは中学生以来なので、久しぶりに緊張した空気を味わいました。

結果は、練習不足もあり全敗でしたが、現役高校生に、高校生に間違われたので結果オーライです()

読書の秋、スポーツの秋、あとは食欲の秋を楽しまなければいけませんね()

 

さて、先日、コンクリート打放し(RC)の住宅にお伺いしました。

コンクリート打放し住宅とは、コンクリートの表面に塗装等を施さず、クンクリートの地肌が出ているもののことをいいます。

木造住宅に比べ、開放的な空間作りと、幅広いデザイン性があります。

しかし、コンクリート打放し外壁は装飾が少なく、シンプルなデザイン性のものが多いため、ひび割れ雨染みが目立ちやすいというデメリットがあります。

そのため、定期的な補修や塗装といったメンテナンスが必要になります。

 

今回の住宅では、ひび割れ箇所がいくつか見受けられました。

ひび割れを放っておくと、内部に水が浸入してしまいますので、大きなひび割れ箇所は、左官屋さんに補修してもらってから塗装を行います。また、小さなひび割れ箇所も、シーリングをすりこんでから塗装を行います。

コンクリートは基本的に水には弱い素材ですので、ひび割れはしっかりと補修しなければなりません。

 

コンクリートって「強そう」というイメージがありますが、やっぱり弱点はあるんですね。

「家を建てるときはメンテナンスが必要ない住宅にしたい(※そんな住宅はないと思いますが・・・・・・)」と思うこともありますが、弱点があるからこそ手入れしがいがある、メンテナンスが必要だからこそ、家の雰囲気を変えてリフレッシュすることができる、と考えると、メリットもデメリットもあってもいいかなと感じています。

 

本日はコンクリート打放しについてご紹介しました。

コンクリート打放し住宅も、もちろんそのほかの素材を使った住宅も、私たちに塗れないものはありません。

住宅でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

南郷極花

郡山店リモデル事業部