郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】雨樋の流し先は、、、(桑島)| 郡山塗装|いわき…

【郡山市】雨樋の流し先は、、、(桑島)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2021.02.25 (Thu) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させていただく桑島です!

 

郡山市 雨樋

 

写真の様に、下屋根があり、そこに雨樋が通る場合は、「はいとい」と呼ばれる樋を使います。

「屋根の上ならこんなの着けずにそのまま流してもよいのではないか」と思う方もいるかもしれません。

私もそう思っていました。

なぜはいといは必要なのでしょう。

 

郡山市 雨樋

 

こちらでは、2Fの雨水を垂れ流しにしています。

夕立ちなどで雨水が流れ込んだ場合、屋根材の上をまとまった大量の雨水が流れます。

屋根材と屋根材の間には小さい隙間「小口」がありますが、表面張力により、小口を雨水が

駆け上ってしまう事があります。

駆け上った雨水がどこへ行くか、、、そう、家の中です。

 

俗に「毛細管現象」というもので、雨漏りの原因になることがしばしあります。

 

はいといは固定が難しく、いつの間にか風で飛んでなくなっていたということも多いです。

放置せず、雨漏りの可能性には対策をしましょう。

 

 

郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を

積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、

誠心誠意対応させていただきます。

 

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

桑島淳

スタッフ郡山店