郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島市】塗装の劣化の判断方法(郷右近)

【福島市】塗装の劣化の判断方法(郷右近)

スタッフブログ 2021.05.10 (Mon) 更新

   福島市・二本松市・伊達市・伊達郡の皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装(プロタイムズ福島店)です!

今回のブログを執筆させていただく郷右近です!

さて今回は、だれでも分かる塗替え見極めポイント!!!を皆さんにご紹介いたします。

一つ目は、チョーキング現象というものです。初めて聞いた方もいらっしゃると思いますので、

軽く説明します。

チョーキング現象とは、壁を手で擦ったときに白い粉が付く事をチョーキングいいます。

このような現象を皆さん一度は手や服に付けて汚したりした事ありませんか?

なぜこの現象が起きるのかというと、塗膜の成分である顔料と樹脂が分離して表面に出てくるからです。

そして、塗膜の防水性も同時に失っていますので、外壁自体が水を吸収しやすくなっており、水分を含んだ外壁が乾燥しないと

カビや苔、藻が発生し、日の当たりやすい面では、水を吸収して乾いての繰り返しで外壁自体に変動があるとひび割れが発生し、

劣化を早める原因に繋がります。

この現象を見つけたら早めの塗装をお考えください。


郡山塗装外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

 

 

 

 

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

 

 

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

 

 

 

 

 

 

■郡山塗装のYouTubeはこちら

郷右近健

福島支店副店長

スタッフ福島店