郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】屋根塗装の必要性について(八城)|…

【郡山市】屋根塗装の必要性について(八城)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2021.08.10 (Tue) 更新

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です!

今回のブログを執筆させて頂く八城です!

今回は、屋根塗装の必要性について書きたいと思います。

皆さんは塗装にどんな役割があると思いますか?

すぐに思い浮かぶのは「見た目を綺麗にする」という役割だと思います。

しかし、役割として一番重要なことは「劣化しないように保護する」ことです。

屋根の塗装の耐久年数は、使用されている塗料の種類にもよりますが、約7年~15年で紫外線や熱などにより劣化していき、保護機能が落ちていきます。

保護機能が落ちると、水を吸うようになり急速に劣化が進行します。

劣化が進むとスレート瓦などのセメント質の屋根材は脆くなっていき、金属屋根は錆が発生し、割れや雨漏りの原因となります。

そして、最終的には塗装出来ない状態になり、改修に多大な費用がかかってしまいます。

ですので、塗装の保護機能が失われ劣化してしまう前に、再び塗装によって保護機能を復元することが大切なのです。

皆さんもたまにで良いですので屋根の状態を確認してみて下さい。

または、当社では外装劣化診断士による無料診断を行っておりますので、屋根の状態をしっかり把握したいなどあれば、お気軽にご連絡下さい!

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!