郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島県】屋根・外壁塗装 塗り替え時期を知る:その⑩窯業系…

【福島県】屋根・外壁塗装 塗り替え時期を知る:その⑩窯業系サイディング(石橋)||いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2018.01.11 (Thu) 更新

皆様こんにちは。

福島の外壁塗装&屋根&防水・雨漏り専門店の郡山塗装です。の石橋です。

下のポスターを見てください!

私は感動してしまいました!?

そのポスターとは、2018年1月24日から29日まで開催される

「G1全日本王者決定戦」の大会告知ポスターです。

真ん中にそれぞれ「最強」「挑戦」と筆文字で書かれた2枚。

 

お気づきになりましたか?

「最強」の文字を逆さまにすると

「戦場」の文字に見えるのです!!!

表紙の「挑戦」の文字も「勝利」に見えるのです。

上記のような、見方を変えることで

別の意味が読み取れる文字デザインのことを

「アンビグラム」というそうです。

今回のアンビグラムをデザインしたのは、

デザイナーの野村一晟さんとのこと。

野村さん凄いです(@_@)

さて、屋根・外壁の塗り替えですが!

お家はたくさんの部位で構成されています。

屋根・外壁の塗り替えを行うにあたり、知っておくべき部位と

修繕の時期を知ることが大切です。

今回は『窯業系サイディング』です。

セメント85%と繊維質15%を主な原料として板状に形成した素材です。

タイル目、レンガ調などデザインが豊富で最近よく使用されています。

基材は吸水性があり、防水機能は塗膜に頼っているため、塗膜の劣化を放置すると建物の構造に大きなダメージを与えます。

塗装目安 10~15年

こんな症状に注意してください。

「シーリングの劣化」

サイディングの場合、目地のシーリングがひび割れしたり痩せて隙間が開きます。

「ボードの反り」

サイディングの側面から雨水を吸い込み乾燥収縮で反りが発生します。

また、温度変化でも収縮します。

「チョーキング」

外壁塗装が塗膜劣化すると起こる劣化症状の一つで、症状としては触るとその外壁の色の粉が手についてしまうというものです。

塗膜の中にある顔料が粉化して表面に出てくる現象です。

 

お客様の中で、屋根の状況がどうなっているの?自分の家の屋根は大丈夫なのかな?

などなど、お家のことで何か気になることがありましたら

どんな些細なことでも郡山塗装にご相談ください!!

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

 https://fukushima-toso.com/contact/

福島県郡山市、いわき市、白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、

屋根・外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-316-336 (年中無休、9:00~18:00)

ぜひお気軽にお電話ください!!

外壁塗装&雨漏り専門店「郡山塗装」は、創業89年福島県郡山市で、外壁塗装会社として創業しました。

公共工事がメインでしたが、郡山市、いわき市、白河市の福島にお住まいの皆様から、「戸建て住宅の

外壁塗装や屋根の塗り替えを、郡山市や白河市、いわき市でも行ってほしい」という声が多くなり、

外壁塗装や屋根の塗り替えリフォームの事を気軽に安心してご相談できるお店にすべく、事業を立ち上げさせていただきました。

全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。」 を会社の目的として、これからも福島県内塗装業界No.1の実績と信頼の技術で、

多くの人々に喜んでいただき、福島地域の皆様と共に生き、地域にとって必要とされる企業であり続けられるよう頑張ってまいります。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石橋達夫

執行役員営業統括部長

郡山店リモデル事業部