郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】チョーキング現象は危険です(南郷)白河市、いわき…

【郡山市】チョーキング現象は危険です(南郷)白河市、いわき市|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2018.04.16 (Mon) 更新

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装 リモデル事業部の南郷です。

郡山市の屋根外壁塗り替えなら郡山塗装にお任せください!

 

*****

皆様こんにちは!

 

花粉症が毎日つらいですね。

現場に出るときはヘルメットを着用しますが、

ヘルメット+眼鏡+マスクのフル装備だと、足場を上り下りしているうちに眼鏡が曇ってしまいます。

 

さて、本日は「チョーキング現象」についてお話いたします。

よくあるのは、ガードレールを触ったときに、手に白い粉がつくことがあるかと思いますが、それがチョーキング現象です。

塗料は樹脂と顔料が結合して性能を発揮していますが、塗膜が劣化しますと、結合している樹脂と顔料が分離し、顔料のみが表面に浮き出てしまいます。

 

このチョーキングが起こるとなぜ問題かといいますと、塗膜が劣化している一番分かりやすいサインにあたるからです。

塗膜が劣化すると、外壁材が水を吸収し、家の中に水が浸入してしまいます。

 

水による腐食を起こす前に、防水機能を保たせてあげることをお勧めいたします。

 

*****

 

住宅のことでお悩みの皆様、ぜひ郡山塗装へご相談ください。

お悩みを解消できるよう、誠心誠意対応いたします!

皆様とのご縁をお待ちしております。

 

南郷極花

白河店リモデル事業部