郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】屋根の退色は生じてませんか?(濱津)

【郡山市】屋根の退色は生じてませんか?(濱津)

皆さんこんにちは!濱津です。

最近、朝通勤の為車に乗ると、フロントガラスや窓に朝露が付いていて

車の中も寒いのでひざ掛けは欠かせません!!!

また、仕事中外出する際も寒くなってきたので、上着も必須です!!!

最近風邪やインフルエンザも流行してきているようですので、

皆さんも体調には注意してください。

 

さて、本日は、屋根の退色・塗膜剥離についてです。

 

 

こちらは、経年劣化や紫外線・雪等の影響で

塗膜が退色している状態です。

少し赤い部分が既存の塗膜ですが、白い部分に関しては、

屋根の素材が現しになっている状態です。

 

 

このような状態になってしまうと、防水機能は低下し、屋根材がお水をどんどん吸い込んでしまいます。

 

 

こちらは実際に屋根にお水を吹きかけた様子です。

お水が流れる様子はなく、染み込んでいる状態です。

この日は天気が良かったので、染み込むスピードも速かったです。

 

 

 

 

このまま放置してしまうと、凍害(冬の間、染み込んでいた水が凍り、膨張・爆裂しひび割れが発生すること。)

を引き起こしたり、雨漏りの原因が生じる可能性がございます。

また、このように既存の塗膜がほとんど劣化している場合は、下塗り材の吸い込みが激しいので、

下塗りを2回塗装するなどの工夫が必要です。

 

ご自宅に住んでいると、なかなか屋根の状態を自分で見る機会は少ないと思います。

また、下屋(1階の屋根)は2階から見れたとしても、下屋と大屋根では劣化の状態が異なる場合があります。

実際、今回のご自宅も、下屋は塗膜がまだ残っていましたが、北面は苔が発生しており、

大屋根は苔の発生が少ないものの、塗膜があまり残っていない状態でした。

 

普段見えない場所だからこそ、注意しておきたいですね。

 

それではまた来週お会いしましょう!

 

濱津なつみ

郡山店リモデル事業部