郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 外壁塗装、屋根塗装の現場日誌

外壁塗装、屋根塗装の現場日誌の記事一覧

⑤塗装(下塗り)(吉田 淳)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく吉田です! 今回は⑤塗装(下塗り)について述べさせて頂きます。 足場を組んで、洗浄・下地補修・養生の工程を経て やっと塗装となります。 塗装の下塗りとは簡単に言いますと 仕上げの上塗り塗料と外壁を密着させる役割を持っています。 コストを抑えるために、下塗りを行わず上塗りだけで 行う業者もいますが、当社は必ず下塗りと上塗り2回の3回塗りを 施工します。 3回塗りは色合いも仕上がりも耐久性も違います。 コストはかかりますが(笑) ぜひ、専門の当社へご相談ください。見積りは無料ですのでご検討ください。 次回は⑦中間検査についてお話させて頂きます。 では、また次回(o^―^o)ニコ     郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.25 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌外壁塗装のご相談

【いわき市】クリアー塗装はお早めに!(田中)

白河市・いわき市・郡山市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく田中です! レンガ調や多彩色のサイディングを塗装する際、クリアー塗装をすることがあります。 柄・色に複雑性があり、塗り替えの際に再現が難しい場合や、元来の見た目を残したい場合に、透明のクリヤーにて塗装をするのですが、クリアー塗装をするのには、チョーキングが発生していないと言うような外壁材の状態が良い状態でなければ施工することが出来ません。 そのため今の色合い・模様が気に入っているという場合は早めの施工をご検討されることをお勧めいたします また郡山塗装では昨年よりYouTubeの配信を開始致しました! https://www.youtube.com/channel/UCuJAC8OcR3b14NZZlp-FYuA 各支店のイベント情報や豆知識など、内容盛りだくさんです!ぜひ1度ご覧になってみてくださいませ!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.24 更新) 詳しく見る
スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌外壁塗装のご相談
郡山市 シーリング

【郡山市】漏水注意!スカスカボロボロのシーリング(桑島)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島です!   寒い日が続きますが、体調崩されてはいらっしゃらないでしょうか。 今年は特に風のひけない年です。しっかり暖かくされてお過ごしください。   本日はシーリングについての記事です。   シーリングとは、外壁材の継ぎ目や、サッシ周りなどに施工されている、弾力性のある部分です。 隙間からの漏水を防ぐ役割を担っています。   継ぎ目に重点されているはずのシーリング材ですが、写真ではボロボロになっています。 紫外線による劣化が原因です。   シーリング材には可塑剤という弾力性を持たせる成分が多く含まれています。 可塑剤は揮発性の薬品であり、紫外線により揮発してしまいます。 可塑剤が抜けることで、シーリングは固くなり、痩せてしまい、防水の機能を果たさなくなります。   シーリング材にも種類があり、高耐久の商品もございますが、 一般的なものは5~7年で劣化してしまうと言われています。   写真では、劣化したことでなくなっている部分もあります。 窯業系サイディングボードの側面は防水処理が行われておらず、写真でも素地が剥き出しになっていることが分かります。 シーリング材を充填することで防水処理を施しておりますが、劣化すると側面から雨水が差し込んでしまい、 外壁表面は傷んでいない状態でも、側面から傷んでしまうという現象が発生します。     側面から水分が入ると、ボードの反りや凍害による劣化が起きます。 ボードの張替えなど高額な補修になってしまう事もしばしばです。   漏水している状態が長く続くと、内部柱の腐食など、構造躯体の劣化になってしまう場合もあります。     窯業系サイディングの住宅では、どうしてもシーリングに防水を頼らざるを得ない作りになっていることが多いです。 屋根とは違って家の周りを見ていただくだけで簡単に確認していただける部分です。 外壁との間に隙間はできていないか、欠損している部分はないか。チェックしましょう。     郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。   ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.21 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌

【いわき市】ベランダも定期的なメンテナンスを!(田中)

白河市・いわき市・郡山市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく田中です! ベランダの調査を行いました! ベランダは住宅において、平面で雨水を受ける箇所となり、防水性が非常に重要視される箇所の一つです。 また、シート防水・塗り防水などの種類もあります。 写真のこちらはFRP防水です。 経年劣化によりFRPのガラス繊維が露出してしまっています。   劣化が進んでいくと、塗装ではなく貼り替えなどの大掛かりな工事になってしまうこともありますので定期的なメンテナンスを行うことを強くお勧め致します。 また郡山塗装では昨年よりYouTubeの配信を開始致しました! https://www.youtube.com/channel/UCuJAC8OcR3b14NZZlp-FYuA 各支店のイベント情報や豆知識など、内容盛りだくさんです!ぜひ1度ご覧になってみてくださいませ!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.17 更新) 詳しく見る
スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌外壁塗装のご相談
郡山市 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装

【郡山市】玄関タイルのシーリングについて(濱津)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

  郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく濱津なつみです!   皆さんこんにちは! 毎日ニュースでコロナ感染者の情報が流れるのが日常化してきましたね。 そして、感染者数が急激に増えて生きづらさを感じています。 息子が大きくなった時日本がどうなっているのか不安ですが、 息子は日々成長しているので私も前向きに頑張ろうと思います。   さて、玄関がタイルのご自宅も多いのではないでしょうか? 本日は、玄関タイルとの取り合いシーリングについてです。     こちらが施工後の写真です。 (既存タイルの色に合わせて、写真の明るいグレーで施工したのですが、 仕上がりが明る過ぎると感じた為、濃いグレーで施工し直しました。)         現場調査時は、ここのシーリングが劣化し、色もアイボリーだったので見栄えがあまり良くありませんでした。 今回使用したシーリングは、”変成シリコンシーリング”と呼ばれるもので、塗装で保護する必要がありませんので、 現しの部分に施工するのに適しているシーリングです。   細かい部分ですが、こういった部分は足場が無くても施工可能ですし、 屋根や外壁が綺麗になると逆に目立ってしまう為、施工することをお勧め致します。   それでは、大変な世の中ですが、日々頑張ってくださっている医療従事者の負担を少しでも減らす為にも 不要不急の外出は避け、福島県内の感染者数が増えないように気を付けましょう! また来週です(=゚ω゚)ノ       郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.15 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌
郡山市 雨樋

【郡山市】雨樋、きちんと流れていますか?(桑島)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島です!   去年が暖冬だったせいか、今年は良く雪が降る気がします。 車で移動にしろ、徒歩で移動するにしろ、日陰にはしっかり氷が張っていますので、 スリップに気を付けて移動を心掛けます。   前回はベランダ防水の記事でしたが、今回は「雨樋」について。 雨樋も雪によって傷みやすい部位です。   雨樋は劣化がなければ25年持つとされていますが、 雪で劣化しやすい福島県では10年前後の耐用年数と言われています。脆い部位です。   雨樋は、雨水を外壁にかかったりしないよう、きちんと流すものです。 雨水を垂れ流すと、はねた水分で外壁・基礎などの劣化が進んでしまうためです。   雨樋全体が手前に傾いてしまっているのが分かります。 雪の重みで傾いてしまったものです。   雨樋は取付時にきちんと流れるよう勾配を取って設置しますが、雪の重みで歪んでしまうと 水が正常に流れなくなってしまう場合があります。   歪んで弱くなってしまうと、歪みを曲げて直しても、また次の冬の雪の重みで歪んでしまいます。 こうなると、交換しかありません。   会津地方など雪が多い地域は雨樋を最初からつけないことも多いですが、中通り・浜通りは 設置されている住宅がほとんどだと思います。   錆により穴も開いてしまっています。 従来は雨樋はトタン製のものがほとんどであり、表面の塗装が傷むと錆びてしまうものでした。   最近ではトタン製の雨樋はほとんどなくなり、錆びない樹脂製の物や、樹脂の中に鉄製の芯を入れ 強度を増したもの、ガルバリウム鋼板でかなり強度を持たせたものなど、様々な選択肢があります。   屋根の大きさから雨水の量は判断できます。建物にあった雨樋を選ぶことで、建物全体の長寿命化につながります。       郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。   ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.14 更新) 詳しく見る
スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌

【いわき市】YouTube配信しております!(田中)

白河市・いわき市・郡山市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく田中です! 郡山塗装では昨年よりYouTubeの配信を開始致しました! 各支店のイベント情報や豆知識など、内容盛りだくさんです!ぜひ1度ご覧になってみてくださいませ! ↓YouTube:年始のご挨拶&初売りイベントのご紹介↓↓↓↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=0Qr_bIQaeow   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.10 更新) 詳しく見る
スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌外壁塗装のご相談
郡山市 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装

【郡山市】雨漏りの危険が!(濱津)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

      郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく濱津なつみです!   🎍皆さん、あけましておめでとうございます🎍 今年も宜しくお願い致します。   昨日雪が降り、今朝は道路が凍結していて、通勤・通学が大変だった方も 多いのではないでしょうか? 私も今朝はタイヤが滑って心臓バクバクで出勤しました((+_+)) 今後も積雪・凍結が予想されますので、お出かけの際はお気をつけください!   さて、本日は雨漏りの危険が考えられる部分についてです。     こちらは屋根の写真です。 アンテナ線を止めていたボルトがそのままの状態で 放置されています。     ボルトの頭にはシーリングが打ってありましたが、年数が経過たことにより、劣化している状態でした。 このままの状態で屋根の塗装を行ったとしても、シーリングが切れた部分から水が浸入すると、 屋根裏に水が周り、ゆくゆくは雨漏りに繋がりかねません。   今回のご自宅については、ボルトを撤去し、穴をシーリングで補修した後塗装を行いました。   こういった事例の他にも、使用していないアンテナ線がそのままになっていたりする 場合が多々ございます。   弊社で塗装工事をさせて頂く際は、使用しているかしていないかをお客様に確認したうえで、 使用していない物に関しては撤去もしくは邪魔にならないようにまとめる等の対策を させて頂いております。 台風等強風が吹いた場合、吹き飛ばされる可能性がございます。 せっかく足場を組むのですから、この機会を有効に使用して頂ければ幸いです。   もちろん、担当営業や職人からご提案させて頂きますが、 お客様自身で気になる部分等ございましたら、お気軽にお申し付けください。     それでは、また来週お会いしましょう! ※関東に再び緊急事態宣言が出されたり、福島県内でも感染者が増えてきていますので、 どうか皆さんお体ご自愛下さい。       郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.08 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌
郡山市 防水 ベランダ

【郡山市】防水の異常に注意!(桑島)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島です!   皆様明けましておめでとうございます。 昨年はいろいろとありましたが、皆様の応援のおかげで乗り越えることが出来ました。 新年早々引き続き、苦しい情勢が続きますが、今年も何とか踏ん張っていきます。 全力でお客様に満足していただけるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。     さて今回は、冬場に劣化が進みやすい「防水」の記事です。     ベランダ床に、分かりやすくパックリと、ひび割れが発生しています。 まず考えられることは、地震の衝撃でひびが入ってしまったことです。 この建物は築10年、経年劣化によりここまで大きくひびが入ることは考えにくいです。   地震によりひびが入り、そこに雨水などの水分が入ってしまいます。 水分が冬の寒い時期などに凍り、膨張したことで、ひびが徐々に大きくなっていきます。   FRP防水(Fiber Reinforced Plastics)、繊維強化プラスチックともいい、ガラス繊維などを織り込んで防水層を作り、 表面に保護仕上材(トップコート)を塗布します。   トップコートのみのひび割れですと雨漏りを起こす可能性は低いですが、 ひびが成長してしまい、防水層まで達すると、雨漏りに直結します。   幸いこちらのお宅では、ひびは防水層の途中であり、ギリギリ漏水は起きていない状態でした。     軽微なひび割れであれば、保護仕上材の再塗装で十分にメンテナンス可能ですが、 防水層まで傷んでいる場合は劣化した防水層を撤去し、再度防水層を作り直さなければいけません。 漏水が起きている場合は、さらにその下地の板の取替からと、大掛かりになってしまいます。     この写真はトップコートが剥がれ、防水層が露出しているものです。 防水層は力には強靭ですが紫外線に弱く、トップコートが必須です。   雪が降るとベランダに長く残ってしまう冬の季節が、一番防水の劣化が進みます。 無理やり雪かきをして、床を傷つけてしまう事も十分に考えらえます。   ベランダは手摺の笠木の部分など、雨漏りが非常に多い部分なので、一冬ごとに観察して、 雨漏りで悩むことのないようにしていただきたいです。     郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。   ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!         ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!     ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2021.01.07 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌