郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【福島市】屋根の防水性の低下について(棚辺)プロタイムズ福…

【福島市】屋根の防水性の低下について(棚辺)プロタイムズ福島店 郡山塗装

スタッフブログ 2020.11.08 (Sun) 更新

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま。
プロタイムズ福島店 郡山塗装の棚辺です。

 

最近、急激に寒くなり特に朝が冷え込んでいますね、、

先日、出勤しようと車に行くと窓ガラスが凍っていてびっくりしましたΣ(゚Д゚)

焦って温めましたがだいぶロスタイムになってしまいました。

時間に余裕をもって出勤しないと遅刻するなと実感しました(笑)

 

それでは今回は、屋根の防水性の低下についてお話させていただきたいと思います。

↑こちらが実際に藻・コケが発生している状態です

このようにこのように防水性がなくなると、主成分であるセメントに雨水が染み込んでいき、屋根の劣化を進めていきます。

雨水が染み込むことが常態化すると、藻やカビが生息しやすい環境となるだけではなく、雨漏りの原因となります。

特に北側の屋根では日光が当たらず湿気が残りやすい為、藻ややコケが生えやすい状況となります。

さらに、夏場の暑い日や冬場の零下においては吸収した水が膨張し、屋根材の反りや割れを誘発して更なる劣化を進めてしまいます。

 

↑こちらが実際に屋根が反っている状態です

スレート瓦の小口の適切な隙間は1㎜から2㎜程度と言われています。

この写真くらい反ってしまいますと隙間から、雨水が浸入する可能性があります。

また屋根に藻やコケが生えてきたら表面の防水性が低下している証拠になります!

 

但し防水機能がなくなったと言っても、すぐに雨漏りするというわけではありません。

なぜなら、下の図のように屋根の下には2次的な防水機能を果たすルーフィングシートという防水シートが前面にしかれているからです。

 

このルーフィングシートがあるので、瓦から下に雨水が染み込んでいってしまってもルーフィングシートが守ってくれます。

しかし、この雨水が侵入している状態が4~5年も続いてしまうとシートを超えて天井のしみとなって現れてきます。

 

↑こちらが実際に野地板に雨染みが発生している状態です

こうなってしまいますと屋根は葺き替えなければならない状態となり、費用的にも3倍ほどの負担が出てきてしまいます。

つまり雨漏りしてからでは遅いということです!

塗装で処置ができるときに早めにメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

私たちプロタイムズ福島店 郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。

福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町・その他地域で屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま、お困りごとがあればプロタイムズ福島店 郡山塗装に是非お声がけください。

私たち郡山塗装は40名を超える自社塗装職人、国家資格塗装技能士の工事会社です。

マナーにこだわり、塗装品質にこだわり、過去に福島県内で10,000件を超える塗装リフォームを行ってきました。

ひとつひとつの工事工程を丁寧に、そして、手作りで創り上げる世界に1つしかない作品としてお客様の予測を超えるリフォーム工事にしてまいります。

「全ての仕事の先にあるのは、お客様の笑顔。」という理念を大切にして、これからも福島県塗装実績No.1企業としての誇りを胸に、

多くの人々に喜んでいただき、福島と共に生き、福島にとって必要とされる企業でありづづけられるよう頑張ってまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。 外壁塗装&屋根リフォーム&雨漏りリフォーム&防水リフォーム&外壁リフォーム専門店 郡山塗装