郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 福島県】外壁塗装に使うシーリングの選択のご注意点について(…

福島県】外壁塗装に使うシーリングの選択のご注意点について(八城)|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

スタッフブログ 2018.02.06 (Tue) 更新

皆様こんにちは!

福島の外壁塗装&屋根専門店の郡山塗装の八城です。

 

今回はシーリング(※コーキングとも言います。)について、少しお話ししたいと思います。

皆様の中にはご存知の方もいらっしゃると思いますが、シーリングとはお家のサッシ回りや外壁の目地などに埋まっている、ゴムのようなものです。これは、水が入らないように防水材として使用されています。

お家のメンテナンスに気をつかわれている方の中には、外壁にひび割れが発生していたり、外壁の目地に劣化が見られた際に、お家の劣化が進まないように、ホームセンター等でシーリングを購入し、ご自身で補修をされる方もいらっしゃると思います。

これはとても素晴らしい事で、お家を長持ちさせる為には大事な事になります。ですが、ご自身で補修をされる際は、シーリングの種類を知らないといけません。お家のメンテナンスはシーリングだけではありません。それは皆様もご存知の通り、塗装です。

シーリングの種類の中には、塗料がくっつかず、他の種類のシーリングもくっつかないものがあります。それは「シリコーンシーリング」です。せっかく補修をする事で、防水性を戻してもシリコーンシーリングを使ってしまうと、いざ塗装を施して綺麗にしても、塗膜が剥がれてしまい台無しにしてしまいます。中には、「塗装の前にそのシーリングを剥がせば大丈夫じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、剥がすだけじゃ駄目なんです。

それは、シリコーンシーリングは外壁等の基材に浸み込みますし、凹凸が強いデザインですと、凹みの部分に入り込み剥がしきれなかったり、また完全に乾く前に雨が降ったりすると成分が流れ周りに広がるからです。

では、塗装の際にシリコーンシーリングが施されてしまったところの処置についてですが、一つはシリコーンシーリングの成分が浸み込んでないところまで削って塗料の密着の良いシーリングに打ち替え塗装をする。これは削る作業の手間が増えるのと、削る範囲が広く見た目も綺麗にしたいとなれば、見た目を良くする為の補修作業も出てきます。当然費用も高くなります。もう一つの方法は、シリコーンシーリングが施されている箇所を覆うように大きく塗料との密着の良いシーリングを被せて塗装をするかです。この方法は大きく被せるので、当然見た目が悪くなります。

ですので、ご自身でシーリング補修を行う際は、シーリングの種類選びにご注意ください。防水出来ればシーリングは何でも良いと判断してしまうと、後で後悔する恐れもありますので、購入前に使用蘭をご確認して目的にあったシーリングを選んでご使用ください。

ここまで、色々シリコーンシーリングについて書きましたが、決してシリコーンシーリングが悪い材料な訳ではないです。目的の違いです。シリコーンシーリングは、キッチン、浴室、トイレ等、内装の水回りに使用する為のものなので、高い耐水性があります。ただ、その高い耐水性が、他のものを弾いてしまうのです。

 

次回は、シーリングの種類についてお話ししたいと思います。