郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【郡山市】外壁がALCの方へ(濱津)

【郡山市】外壁がALCの方へ(濱津)

皆さんこんにちは!濱津です。

9月も後半にさしかかり、平成最後の夏も終わってしまいましたが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

毎月毎月過ぎ去るのが早くて、今年もあっという間に終わってしまいそうな感じですね!

平成最後の秋も楽しみたいと思います!(^^)!

 

さて、本日の内容は、ALCのご自宅の方必見です。

ALCとは、別名”軽量気泡コンクリート”とも呼ばれ、その名の通り、

外壁内部に細かい気泡が生じている外壁材です。

非常に軽く、耐火性や遮音性に優れております。

しかし、経年劣化は免れません。

内部が気泡なので、一度お水が浸入すると外壁材の更なる劣化が懸念されます。

 

そして、ALCの場合もう一つ気を付けなくてはいけないことが、

ALCとALCの目地部分です。

 

新築時、目地の部分にもシーリングが打ってありますが、

年数が経過すると、塗膜が剥がれたり、

ヒビが発生してしまいます。

 

 

 

ALCの外壁の場合、目地がたくさんあります。

なので、ALCを改修する際は、目地にシーリングを増し打ち(上から重ねて充填すること)する

必要性がございます。

 

その分、お見積り内のシーリングの費用は増えてしまいますが、

必要な部分ですので、補修をおすすめ致します。

また、ご自宅の面積や形状により、目地シーリングのm数も変わります。

 

ご自宅の劣化状況の把握はもちろんですが、目地の数量がどれくらいあるのか等、

一度知って頂いておくのも一つです。

 

お気軽に郡山塗装までご連絡ください。

 

それではまた来週お会いしましょう!

3連休楽しんでください!!!!

 

濱津なつみ

郡山店リモデル事業部