郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > 外壁塗装のご相談

外壁塗装のご相談の記事一覧

”自宅外壁のセルフチェック”の方法、お教えします!

  郡山市・本宮市・須賀川市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島淳です   「外壁が劣化しているか見て欲しいけど、セールスされそうで不安」 「同じころに建てた周りの家が工事をしだして、うちもやらなきゃいけないのか心配」 「住宅メーカーの定期点検で塗装のメンテナンスが必要と言われた」 ご依頼を受けてお伺いすると、このような相談をよく頂戴します。 そのような声にお応えして、今回は皆さんでも簡単にできるご自宅のセルフチェックの方法を3つ、ご紹介します!   ①表面塗装 劣化の確認(チョーキング編) 紫外線を浴びる事で外壁表面の塗装は日々ほんの少しずつ劣化していきます。 劣化状態が進行すると、塗装の中の色の成分である顔料が表面に浮き出てきてしまい、これを"チョーキング現象"と呼びます。 町を歩いていて、ガードレールなんかに服をこすってしまい、白くなってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。これはガードレール表面の白い塗装が劣化してチョーキング現象を起こし、白い色の成分が浮き出てきてしまっている状態です。 塗装が劣化しているため、防水性が低下しているサインと言われています。   ②表面塗装 劣化の確認(防水テスト編) 今度は直接霧吹きなどで外壁に少し水をかけてみましょう。表面の防水性が正常な状態なら水分をしっかりと弾き、かけた水が下に流れていきます。 しかし防水性が低下していれば外壁内に水分が吸収されていく様子が見られるはずです。 チョーキング現象が起きていない状態でも吸収されてしまう事があるため、両方チェックすることをお薦めします。 水分が吸収される状態を放置すると、湿気と乾燥を繰り返すことで外壁が反ってしまったり、外壁内の水分が膨張する事でひび割れや欠損を引き起こします。 塗装では元に戻すことができないため、張替えなど高額な工事になってしまう事もあります。   ③シーリング材 劣化の確認 外壁の継ぎ目(目地)やサッシ周りなどに"シーリング材"と呼ばれる防水材が施工されている場合は(コーキング材とも)、こちらの劣化にも注意が必要です。 シーリング材には"可塑剤"と呼ばれる弾力性を持たせる成分が含まれていますが、可塑剤は紫外線により徐々に揮発してシーリング材から抜けていってしまいます。 可塑剤が抜けたシーリング材には「硬化」「痩せ」「断裂・ひび割れ」のような劣化が発生します。ちょうど輪ゴムなんかを日当たりの良いところに置いておくと簡単にちぎれてしまいますが、それと似たような現象が起きています。 シーリング材の割れや外壁との隙間から雨水が浸入すると、外壁材に吸収されてしまう事で湿気と乾燥を繰り返し反りが発生したり、水分が外壁内で膨張する事でひび割れや欠損の原因となります。 最近の住宅で問題になっていますが、外壁表面はフッ素コートなどで非常に耐久性が上がっているものの、シーリング材の耐久性が追い付いていないため、外壁表面はピカピカなのにシーリングだけ傷んでしまったお宅が散見されます。外壁表面はせっかく綺麗なのにシーリングから水分が入ってしまいやたら反りが酷いお宅も多いので、シーリングの劣化にも注意が必要です。   ご自宅外壁の簡単なセルフチェックの方法を3種、ご紹介しました。 建てた工務店、選んだメーカーによって外壁の種類も様々なのでここでご紹介したケースに当てはまらない場合もありますのでご注意ください。 他にもひび割れや欠けなどの劣化がある場合、発生箇所によっては注意が必要です。郡山塗装ではしつこいセールスの無い資格者による無料診断も行っていますので、お気軽にご相談ください!   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・本宮市、地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!詳しくはこちらをクリック!                 ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!   (2024.06.06 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

郡山市では”屋根塗装しても意味無い”って本当!?

  郡山市・本宮市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島淳です   最近は気になった事をすぐGoogleで検索する方も多いのではないでしょうか。 出てくる記事によって、まったく逆のことを言っている事もしばしばあります。 そんな中で見つけた「屋根塗装はしても意味無い!」という記事。 実際どうなのでしょうか?真相に迫っていきましょう!   目次 1.「屋根塗装しても意味無い」ってどういう事!? 2.「屋根塗装しても意味無い」屋根材とは!? 3.どうやって判断したらいいの? 4.どうやってメンテナンスしたらいいの? 5.終わりに   1.「屋根塗装しても意味無い」ってどういう事!? 屋根塗装しても意味がないとはどういう事でしょうか。主にその理由としては2つあります。 ・塗装などのメンテナンスをしなくても良い屋根材がある。 ・メンテナンスが必要だが、塗装ではメンテナンスが出来ない屋根材がある。 「屋根塗装しても意味が無い」とは屋根材にも種類によって、塗装のメンテナンスが必要ない物や塗装ではメンテナンスできない物があるという事ですね。 どんな屋根材があるか、詳しく見ていきましょう。   2.「屋根塗装しても意味無い」屋根材とは!? どんな屋根材が代表としてあるか、紹介していきます。 〇塗装などの防水メンテナンスが不要な屋根材の代表 ・瓦屋根(セメント製の瓦を除く) 焼き物である瓦屋根は素材自体が水を通さないため、瓦自体は塗装などによる防水の保護が不要です。瓦自体は半永久的に使えるため、世界遺産の法隆寺に代表されるような寺社仏閣やお城などの昔からある建築物にもよく使われます。   〇メンテナンスが必要だが、塗装ではメンテナンスが出来ない屋根材の代表 ・スレート瓦(劣化の激しい物) スレート瓦(別名カラーベスト、コロニアル)は薄いセメント製の屋根材です。水分の浸入が続き劣化がスレート瓦内部まで起きているようになると、塗装により防水メンテナンスをする事が難しくなります。表面をいくら守っても内部が非常に脆く、簡単に欠けてしまいます。またノンアスベスト(無石綿)スレート瓦では劣化が著しいという事もあり、塗装によるメンテナンスが難しく、劣化の状態にもよりますが塗装以外でのメンテナンスをお薦めしています。ノンアスベストスレート瓦については下記ブログもご覧ください。 https://fukushima-toso.com/blog/33395/   3.どうやって判断したらいいの? 信頼できるプロに任せるのが一番良いですが、まず信頼できるかどうかが問題ですよね。複数社見積もりを取ってそれぞれの判断を聞いたり、施工に対して保証を付けてくれるかどうかやリフォーム瑕疵保険へ加入している業者かどうかなども選ぶポイントです。高額な工事は避けたいですが、とはいえ値段をケチったせいで施工不良となってしまったらたまったものではないですね。信頼できる業者かどうか、しっかり見極めましょう。   4.どうやってメンテナンスしたらいいの? 塗装による防水のメンテナンス不要な素材でも、他のメンテナンスが必要になる場合があります。 ・瓦屋根 素材自体がかなり重いため、地震による影響が非常に大きい屋根材です。ひび割れが起きたり、棟が崩れたりなど注意が必要です。その他では棟の下に詰まっているぐしのモルタルなどは経年劣化で崩れてくる場合がありますので、こちらは定期的に見てあげる必要があります。   塗装によるメンテナンスが難しい屋根材では、放っておくと雨漏りに繋がってしまうため、塗装以外でメンテナンスを検討する必要があります。 ・劣化の著しいスレート瓦屋根 下地の木材がまだ使用できる場合、上から金属製の屋根材をかぶせるカバー工法が一般的です。詳しくはこちらのブログをご覧ください。 https://fukushima-toso.com/blog/33394/   5.終わりに その他にも防水メンテナンスが不要な屋根としては銅板の屋根材などがありますし、塗装が難しい場合があるのがアスファルトシングルなどの石油系の屋根材です。メーカーの数もたくさんありますし、同じメーカーでも多数の種類の建材を発売しています。様々な建材がありますが、一つ一つ注意点が異なりますので、しっかりと最適のメンテナンス方法を選んでくれる業者さんを探しましょう。   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・本宮市、地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!詳しくはこちらをクリック!                 ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!   (2024.05.23 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

【郡山市】塗料の種類について🏳‍🌈(福地)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市にお住まいの皆様、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく福地です! 本日は外壁塗装に使用する塗料の種類についてご紹介いたします! ~目次~ [1]塗料の種類 [2]含有成分の違い A:アクリル  B:ウレタン  C:シリコン  D:フッ素  E:無機 [3]おわりに [1]塗料の種類 ◇水性形・溶剤形  こちらは希釈するものが何なのかで異なります。 希釈が水なら“水性形“ 希釈がシンナーなら“溶剤形“ となります。   溶剤形は密着力が高く耐久性に優れているものが多いものの、 シンナーを使用する為、施工中に臭いが強く感じる塗料があることも特徴です。   一方、水性形は臭いが少なく施工性に優れており現在、住宅の外壁塗装に使用されることが多い塗料です。 溶剤に比べて耐久性が低いのではないかというお声もいただきますが 昨今の技術の進歩で溶剤形に劣らない耐久性の塗料も多く出ています。   ◇1液型・2液型  こちらの違いは 1液…封を空けたらそのまま塗れる塗料 2液…A液とB液に分かれていて、計量し撹拌を行い塗る塗料  一般的に2液の方が1液よりもより密着性・耐久性が高いものが多いです。   ◇クリヤー・多彩色  クリヤー そのものの意匠性を残しつつ保護ができる。 色あせやチョーキングが出ているとクリヤーが塗装できない場合もある為、クリヤーを検討の際は築10年以内がおすすめ 多彩色 塗装で色を塗り重ねることによって意匠性を出す工法   ◇含有成分によって耐久性が異なる 詳しくは次の[2]含有成分の違いでご説明いたします。   [2]含有成分の違い  A:アクリル 保色性、光沢保持性が高い為日用品などに多く使われていることが多い。 耐候年数が低いが低コストで抑えられるため新築時の塗装に多い。    B:ウレタン 他の塗料に比べ弾性を持つことが特徴でありひびなどに追従してくれる働きのある塗料が多い。 アクリル同様に耐候性は短い為、塗り替えの頻度は高め。    C:シリコン 汚れに強く耐候性にも優れている為、住宅塗装の際に多く使われている塗料。 1液型と2液型、水性形や溶剤形など屋根外壁などの種類によって選定が必要であり 約10年~18年の耐候性を持ちとそれに付随しコストのふり幅も大きい。    D:フッ素 シリコンよりも耐候性に優れており約20年持つものもあり汚れに強い特徴もある為、 長くきれいに美観を保つことのできる塗料。    E:無機 ガラスや石のような炭素を含まない無機成分が主成分であるため紫外線の影響を受けにくく、 約20年以上の耐久性を持つ塗料もある高耐久な塗料。 無機の含有量が多い塗料によってはコストも高くなる。   [3]おわりに 外壁塗装の際に品質のいい耐久性の高い塗料を選ぶのは間違いないのですが… 一番大切なのは自分のライフプランに合った塗料の種類であるのかということです。 例えば… 「息子・娘夫婦や孫が今後も済むから20年以上耐久性のある塗料がいい」 「あと10年住んだらいずれかは売る予定だから10年程度でいい」 など中長期的な視野で外壁塗装をお考えいただくと選ぶ塗料の種類も絞れてくるはずです。   簡単な例を挙げると あるお家の1回目の外壁塗装で耐久性が約10年の塗料で100万円の工事があったとします。 10年後にまた同じ塗料で塗装をすると20年で200万円使うことになります。   ところが1回目の塗装で耐久性が約20年の塗料で150万円の工事をしていたとすると 同じ20年でも50万円使わずに済みます。 例↓ このように中長期的な計画があれば塗料の種類選びも困らなくなります。   しかしながらこれから20年、何があるか分からないから…ということで 塗料の種類をお悩みの方も多くいらっしゃいます。   その際はお気軽にご相談ください! 優先順位が値段なのか耐久性・デザインなのか様々なお客様のお声を聞き、最善のご提案させていただきます!   今回は以上となります。 最後までご観覧頂き、ありがとうございました。 お住まいのお困りごとがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、各所補修・屋上防水まで、何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはコチラ↓↓からお願い致します!https://www.k-toso.com/toiawase/index.html また、郡山塗装は、一般住宅はもちろん大型建造物改修・鋼構造物塗装屋上防水・防食工事・交通安全施設設備工事も承っております。 郡山市・白河市・いわき市で屋根塗装、屋根リフォームで お困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-yane.com/   郡山市・白河市・いわき市で外壁塗装、外壁リフォームで お困りの方はコチラ↓↓からどうぞ。https://fukushima-toso.com/ (2024.04.30 更新) 詳しく見る
塗装豆知識外壁塗装のご相談

【2024年最新】福島県本宮市で、塗装工事に適用できる補助金はあるの!?

  郡山市・本宮市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島淳です   塗装工事は決して安くない、大きな工事です。 できる事なら安くしたい!と思われる方がほとんどでしょう。 2024年3月段階ですが、福島県本宮市で適用できる補助金を調べてみました! 福島県郡山市で塗装に使える補助金の記事はコチラ→https://fukushima-toso.com/blog/36288/   目次 1.本宮市で塗装工事に適用できる補助金 2.本宮市のその他の補助金 3.福島県や国の塗装工事に適用できる補助金 4.終わりに   1.本宮市で塗装工事に適用できる補助金 本宮市で塗装工事に適用できる補助金を調査したところ、1種類ほどありました。 〇結婚新生活支援補助金 新婚の方向けの補助金で、引越しや住居の取得、リフォームに係る費用を最大で60万円ほど補助してくれる事業です。 本宮市に居住していることや、合計の収入金額などで条件があります。 ↓詳しくは本宮市のサイトをご覧ください https://www.city.motomiya.lg.jp/site/teijyu/marriage-new-life.html 残念ながら、新婚の方以外に塗装工事に適用できる補助金は無いようです、、、。   2.本宮市のその他の補助金 では住宅関連でどんな補助金制度が本宮市で受けれるかというと、 ・他県などから移住してくる方向けの補助金 ・太陽光パネル設置の補助金 ・浄化槽関連の補助金 、、、などがありました。 ↓詳しくは本宮市のサイトをご覧ください https://www.city.motomiya.lg.jp/site/teijyu/sumai-shien.html   3.福島県や国の塗装工事に適用できる補助金 では国や県の方ではどうでしょうか、、、こちらも残念ながら、塗装工事に無条件で使用できるものはありません。あっても他県から福島県に移住する人向けの物など、かなり適用できる範囲が限られ、一般の方が受ける事が難しい物でした。   福島県で代表的な補助金としてはその他に、 ・断熱、エコリフォーム向けの補助金 ・住宅の耐震化改修についての補助金 ・空き家のリフォームに関しての補助金 などが代表的です。 ↓こちらも詳しくは福島県のサイトをご覧ください。 https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41065b/shienseido.html   国の方で代表的なものとしては、毎年名前を変え行われていますが、今は住宅省エネ2024キャンペーンが代表的ですね。大きく分けて柱は三つあり、 ・子育てしやすい設備へのリフォーム ・窓やドアの断熱改修 ・高効率な給湯器への交換 の3種類が適用となります。まだ始まったばかりですが、毎年適用の敷居が低いので非常に人気の補助金です。国が用意した予算に満額到達次第終了になります。断熱改修がメインになりますので、今季節は春になり暖かくなってきましたが、もう次の冬に向けて動き出す必要があります。 ↓公式サイトはコチラから確認できます。 https://jutaku-shoene2024.mlit.go.jp/   4.終わりに 非常に残念ながら、福島県本宮市で塗装工事に一般的に適用できそうな補助金はありませんでした。 4月になり制度が変わる事を祈るしかないですね、、、。 各業者のお得なキャンペーンを利用したり、塗装工事した知人に紹介してもらって値引きの材料にしたりなど、一工夫必要そうです。 福島県本宮市での補助金についてもっと詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください。   郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・本宮市、地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!詳しくはこちらをクリック!                 ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!   (2024.03.28 更新) 詳しく見る
補助金・助成金塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

郡山市でベランダ防水のメンテナンスはどうしたらいいの?

  郡山市・本宮市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島淳です ベランダがあるお宅は、非常に多いのではないでしょうか。 洗濯物を干すのに毎日使っているよという方もいれば 2階に上がるのが面倒でほとんど使っていない方、、、 様々いらっしゃると思います。   郡山市でもご相談を受ける事がありますが、 実はベランダは非常に雨漏りの多い箇所です。 雨漏りは怖いけど、どうしたらいいか分からないという方のために この記事ではベランダ防水について解説していきます。   目次 ①住宅のベランダ防水の種類 ②ベランダ防水のメンテナンス方法 ③ベランダ防水、メンテナンスを放置すると、、、。 ④終わりに   ①住宅のベランダ防水の種類 郡山市で多く施工されているベランダ防水の種類を4種類ご紹介します。   1. FRP防水   郡山市で圧倒的に多く施工されているのが、こちらのFRP防水です。 FRPは繊維強化プラスチックの略で プラスチックの中に繊維状のガラスを混ぜ込んだものが現在では主流です。 外力に強く、プラスチックと繊維が補い合う事で非常に強靭な事が特徴です。 お風呂の浴槽や、公園の遊具、船舶の底部など 耐水性と耐久性を求められる部分に使用されておりこれを現地で施工します。 プラスチックは液状で、 ガラス繊維のシート(グラスウールマット)もハサミで切れるので、 施工性が良く狭い箇所や入り組んだ箇所でも施工しやすいので、 住宅のベランダにはうってつけというわけですね。 弱点としては、防水の中では比較的硬いのでひび割れが起きやすい事があります。 厚みやグラスウールマットの重ね幅など適正に取ってくれるか 施工する職人の腕次第なのも若干不安な点ですね。   2. ウレタン防水   他にも塗膜防水として郡山市で件数が多いのが、ウレタン防水です。 非常に柔軟性の高いウレタンで厚く膜を作り防水を施す物です。 こちらも液状のウレタンで施工しますので、 狭い箇所や入り組んだ箇所でも施工しやすく、 FRP防水が主流になるまでは非常に多く施工されてきました。 弱点としては耐久性が他の防水に劣るので、 定期的なメンテナンスが他の防水より多く必要になります。 室内からの湿気で膨れが生じる場合もあり、 その場合は湿気を抜く設備の設置が必要になります。 FRP防水以上に防水層の厚みも重要になるので、 より職人がちゃんと厚みを持たせて施工してくれるか重要になりますね。   3. 塩ビシート防水 よりハイグレードな防水材として郡山市でもポピュラーなのが、塩ビシート防水です。 おおよそ1.5㎜厚の塩化ビニルシートを接着剤などで貼ったものです。 耐久性が高く、メーカーによっては30年以上の耐久性があると謳っている物もあり、 また塗膜防水に比べて地震にも強いです。 シート状の為広い面積を一気に施工するのが楽です。 大手ハウスメーカーでは、 金属の板の上に塩化ビニルのシートを張ったものを ベランダの床材として施工している場合もあります。 しかしシート材なので入り組んだ箇所の施工は大変になってしまいます。 また継ぎ目は隅部はパッチを当てないといけないので 見栄えが気になる事があります。 防水層のシート自体は工場生産なので、品質が安定しやすいのはメリットです。     4.ゴムシート防水   築30年以上の郡山市のお宅で良く見受けられるのが、ゴムシート防水です。 名前のとおりゴム素材のシート状の防水材で、 塩ビシート防水同様に接着剤などで施工します。 メリットも塩ビシート防水同様に耐久性が高い事が上げられます。 柔軟性もあり良いことづくめに思えますがやはり欠点もあり、 こちらも塩ビシート防水同様に入り組んだ箇所の施工は苦手です。 またこれは経験則で建物自体の構造なども関係していると思うのですが、 他の建材と比べて端部や継ぎ目、 窓との取り合いなどから雨漏りを起こしやすいように感じます。 表面の保護材が剥がれやすい事もデメリットの一つです。   全ての防水に言える事ですが、紫外線により徐々に劣化していきます。 弾力性を失い、ひび割れや継ぎ目の隙間が開くようになり、 漏水してしまうようになります。 この他にも金属防水やアスファルト防水、コンクリート躯体防水などありますが、 公共施設などの大型物件で使われる工法で住宅ではあまり見かけません。 やはりそれぞれの防水の工法でメリットやデメリットがあります。 防水業者さんでも工法により得意不得意がありますので、 きちんとその施工方法での実績がある業者さんか確認しましょう。   ②ベランダ防水のメンテナンス方法 郡山市でよく施工されている、代表的なベランダ防水のメンテナンス方法をご紹介します。   1.トップコート(保護仕上材)の塗替え   トップコートと呼ばれる、表面の保護材を塗布する方法で、 メンテナンス方法の中では特に安価でできるので、 郡山市では特にポピュラーなメンテナンス方法です。 FRP防水やウレタン防水では もともと防水層の上にトップコートが施工されているので、 それを塗り重ねるイメージになります。 シート防水でも専用の保護材が発売されていますので、そちらを塗布します。 注意点としては、防水層が傷んでいない事が前提となりますので、 経年劣化が表面だけでなく防水層まで傷んでしまっている場合は 別途補修が必要になります。 また下地処理の不足でトップコートが剥がれてしまう不良施工も多いため、 硬いFRP防水は表面に細かい傷をつけた上で強い溶剤で拭きあげて トップコートの食いつきを良くします。 ゴムシート防水はトップコートの種類によって塗布が難しい物もあり、 業者さんの選ぶ商品に気を付ける必要があります。     2.既存の防水の上から新しい防水を施工する(防水増張り)   写真はもともとのFRP防水の上から塩ビシート防水を施工している写真です。 こちらの郡山市の物件は地震により全体にひび割れが回っていたほか、 ドレン(排水口)の周りから漏水も起きていたため、 トップコートでのメンテナンスは難しいと判断しての施工でした。 やはりトップコートのみの施工より金額は大きく上がりますが、 既存の防水を解体するよりは安価に防水を一新できる事が強みです。 漏水の程度によっては下地が腐食していたりすると施工が難しい事があります。 また水勾配はそのままになるので、 地震などで建物が歪んでいた場合水溜りが出来やすかったりします。 勾配を直すには防水だけでは難しいのでさらにその下地から作り直す必要があります。 下地になる既存の防水に比べて上に新しく施工する防水が固い場合 (例:ウレタン防水の上にFRP防水を施工)は、 固い上の防水が動いて割れてしまったりと不具合が生じる事もあるので注意が必要です。     3.防水を完全に作り直す(既存撤去・新設) タイトルの通りです。 既存のベランダ防水を解体して新しく作り直します。 漏水がひどく下地が腐食しており下地ごと交換が必要な場合や、 立ち上がりの納まりの関係で増張りが難しい場合、 勾配をきちんと取り直したい場合などに施工されます。 解体が必要な分金額も非常に上がるほか、 解体してから新設するまでに雨が降ると即雨漏りにつながるので タイミングや雨漏り対策にも注意が必要です。 防水材の指定はないので、好きな防水材を選んで施工できます。       ③ベランダ防水、メンテナンスを放置すると、、、。   メンテナンスを放置するとどうなってしまうか、、、。 恐ろしい事例が郡山市でも報告されています。     紫外線により徐々に防水は劣化していきますが、 最終的には防水の機能を発揮できなくなり、 漏水を起こしてしまいます。 漏水が起きるとベランダ下の軒天や部屋に雨染みができるので注意してください。     場合によっては手遅れで、 既に骨組みに入っている木材が腐食している場合もあります。 腐食している場合は木材を交換や補強する必要があります。 最悪なのはシロアリが来ている時で、 ベランダは高さが2~3mあるのでシロアリはなかなか来ないように思えますが、 シロアリは腐った木の臭いを追いかけて結構な高さまで登ってきます。 写真は郡山市のお宅で実際にシロアリがベランダに営巣していたケースです。 大変な金額がかかる工事になってしまいますので、 定期的なメンテナンスにより防水機能を保つ事が大事ですね。     ④終わりに   郡山市でよく施工されているベランダの種類と、 そのメンテナンス方法について解説しました。 ベランダは床と外壁と屋根が複雑に組み合わさっているので、 建物の中でも納まりが難しく雨漏りの起こりやすい箇所です。 雨漏りが起きてしまうと大変な工事になってしまう事が多いので、 大工事になってしまう前に手を打ちましょう。       郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。創業から90年以上、郡山市・本宮市、地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!詳しくはこちらをクリック!                 ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!   (2024.01.20 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装、屋根塗装の現場日誌外壁塗装のご相談

福島:【高圧水洗浄について】(安田)|外壁塗装・屋根リフォーム専門店 郡山塗装

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただくのは、 最近、同期と食事に行った安田です!   先日同期のNさんと飲みに行ってきました!! たくさん語って飲んだ後、カラオケでたくさん歌いました!笑 久しぶりのカラオケでとても楽しかったです(^^) やっぱり生きていくうえで息抜きは欠かせないですよね!!! ということで今回は、塗装工事には欠かせない「高圧水洗浄」について お話しようかと思います!       目次 1..高圧水洗浄とは 2..高圧水洗浄の大切さ     1.高圧水洗浄とは みなさんは高圧水洗浄をご存じですか? 最近は家庭用の高圧洗浄機でお車やお家のお掃除に使う家庭が増えてきましたよね(^^) 高圧水洗浄とは、水を勢いよく噴射させることで汚れを落とすことのできる優れものです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° まずはそんな高圧水洗浄の大切さをご説明いたします!!     2.高圧水洗浄の大切さ なぜ塗装前に高圧水洗浄するのか、みなさんご存じですか?? ただサービスでお家を綺麗にしているわけではありません!!!   私の大好きなメイクで例えると!!乾燥してボロボロ、ほこりもついているような肌にいきなりファンデーションをのせても綺麗に乗らないですよね!?!? まずはスキンケアをして土台を整えなければなりません!!!! (分かりにくいですかね…涙)   それと一緒で、砂埃やチョーキング、その他の汚れがある状態でいきなり塗装をしてしまうと、汚れが邪魔をして塗料と屋根・外壁の密着度を弱めてしまいます。それどころか、汚れのせいで綺麗に仕上がらないことも……!?!?   ですから塗装前にお家を綺麗に洗ってあげることはとても大切なことなのです!! お家はずっと外に晒されているものですから、当然たくさんの汚れが付いています。 見た目が綺麗に見えても、塗装前の高圧水洗浄は必ずといっていいほど必要なものなので、塗装の工程に含まれていない業者さんがいたら少し不安に思っていいかもしれません……   不安に感じた際はご相談・診断・見積は無料で行っておりますので、弊社の方にお気軽にお問合せ下さい!(^^)/       創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2023.12.28 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談
塗装工事 概算が知りたい!のサムネ用画像

福島【屋根外壁 塗装の見積、概算が知りたい!】(桑島)|外壁塗装・屋根リフォーム専門店 郡山塗装

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島です! 住宅などの建物を資産としてお持ちの方は、避けては通れない塗装のメンテナンス。 今すぐするわけじゃないけど、将来に向けて金額を知っておきたい。高額なものだし、資金も計画的に備えておきたい。   、、、でも正直、面倒くさいですよね! だいたいでいいから金額を知りたいのに、わざわざ家まで来られて、しかも何時間も時間を取られて、 あげくに断ってもしつこくセールスされたのではたまったものではありません。   お見積りシミュレーションを利用する そういった声にお応えして、郡山塗装ではWEB上でできる簡易見積もりシミュレーションを作りました!https://fukushima-toso.com/simulation/ こちらのリンクから、ぜひ試してみてください!   坪数からの概算の記事を参考にする 坪数から概算の求め方についての記事がありますので、こちらもご覧ください。 https://fukushima-toso.com/blog/38755/ https://fukushima-toso.com/blog/38512/ https://fukushima-toso.com/blog/37786/ https://fukushima-toso.com/blog/34440/ https://fukushima-toso.com/blog/33903/ https://fukushima-toso.com/blog/32265/   概算を知る上での注意点 どの業者もいう事ではあると思いますが、あくまで概算です。 劣化の進行具合・住宅の形・建材の種類・工務店やハウスメーカーの建て方など様々な要因で金額は変わってきます。 概算は概算。鵜吞みにせずに参考程度に考えましょう。             創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!   (2023.12.15 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

福島【フッ素樹脂塗料について 徹底解説!】(桑島)|外壁塗装・屋根リフォーム専門店 郡山塗装

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただく桑島です!   屋根外壁の塗装をする際に、よく見る言葉 「フッ素樹脂塗料」「フッ素系塗料仕上げ」 フッ素樹脂とは結局何なのか、どう違うのか、解説していきます。 目次 ①そもそも「樹脂」とは何なのか ②フッ素樹脂って? ③他の樹脂と比べて ④おわりに   ①そもそも「樹脂」とは何なのか 石油製品のくせに「樹脂」っておかしいですよね、 実際昨今の塗料で真の意味で自然からとれた樹脂を 使用している塗料はあまりありません (エコ塗料という事で天然の成分で作っている商品もありますが)。 化学製品の歴史をさかのぼると、 石油が素材として使われる前は素材の油として木を傷つけた時に 出る油を使用していました。名前のとおり樹脂ですね。 塗料のメイン成分もこの樹脂になっています。 テルペン液と呼ばれ、 松の木やオレンジなどから取れる物が有名です。 今でも「ターペン可溶○○塗料」という塗料がありますが、 このターペンとはテルペン液の事です。 希釈する時に油を使用するという意味で今も使われています。 しかし技術の進歩で、 石油がテルペン液の代用として使用されるようになりました。 コストが低い・品質が安定している・大量に用意できるなど、 様々な利用から植物から取れる「天然樹脂」から化学的に製造された 「合成樹脂」に取って代わられていきました。 もちろん今回解説するフッ素樹脂も、 天然樹脂ではなく、科学的に作られた合成樹脂の中の1つです。   ②フッ素樹脂って? 塗料のメイン成分が樹脂なので、 やはりどんな樹脂の塗料を選ぶかで塗料の性能自体も変わってきます。 フッ素以外にも、 アクリル・ウレタン・シリコン・エポキシ・ポリエステルなど、 用途によって様々です。 塗料ではあまり見かけませんが、 ポリプロピレンだとか、メラミンだとか、 皆さん一度は目にしたことがあると思います。 それぞれに特徴があり、 例えばウレタンは柔軟だとか、 エポキシは下地への食いつきが良いので下塗りに使われるだとか、 用途により使い分けています。   ③フッ素樹脂は他の樹脂と比べて フッ素樹脂の特徴としては ・紫外線に強い  「塗料の耐久性=樹脂同士の結びつきの強さ」  と言っても過言ではないくらい、  樹脂によって耐久性が全く異なってきます。  その中でも特にフッ素樹脂は樹脂同士の結びつきが強いです。  樹脂同士の結びつきが強いほど  紫外線によって破壊されづらくなり、  長持ち塗料という事になります。  屋根外壁などの外装部分に使われる塗料なので、  紫外線に強い事は他の樹脂の塗料と比べて何よりのメリットですね。   ・硬い  紫外線に破壊されにくい  非常に硬い塗装の膜(塗膜)を形成します。  傷がつきにくいというメリットとなります。  しかし一方で硬い事によるデメリットもあります。  下地が柔らかい素材だと動きに追従できず、  塗膜のひび割れを起こしてしまう場合があります。  住宅ですと、  外壁の継ぎ目やサッシの周りに施工された  シーリング材の上などの、  地震のような外的な要因で力を受けやすい部分で、  表面塗膜のひび割れが起きやすいです。  昨今だと技術の進歩により、  フッ素樹脂塗料でもひび割れの起きにくい物もありますが、  他の樹脂と比べると比較的硬いという特徴があります。   ④おわりに フッ素樹脂塗料の特徴について解説させていただきました。 一般的にフッ素樹脂塗料は耐久性が高いのですが、 塗料によっては組成を工夫することで シリコン樹脂やアクリル樹脂でフッ素以上の耐久性を持つものや、 最近の無機塗料と呼ばれるフッ素以上の耐久性を発揮するものもあります。 一方弱点やコストの面もあるので、 各物件により選ぶポイントは様々です。 ぜひ吟味して間違いのない塗装工事にしましょう。     創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2023.11.16 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

福島:【遮熱塗料について】(安田)|外壁塗装・屋根リフォーム専門店 郡山塗装

郡山市・いわき市・白河市・福島市・那須塩原市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装です! 今回のブログを執筆させていただくのは、 先日会社の内定式に参加させていただいた安田です!   来年度入社する予定の後輩たちとたくさん話せて、とてもいい機会でした。 私も来年度で3年目となりますので、後輩にかっこいい先輩だと思われるように頑張りたいと思います🔥   そんなことは置いておいて、今回は「遮熱塗料」について お話しようかと思います!     目次 1.はじめに 2.スーパーシャネツサーモとは 3.遮熱塗料の効果(メリットとデメリット)   1.はじめに 皆様遮熱塗料をご存じですか? 私はこの業界に入るまで全く知りませんでした。(-_-;)   遮熱塗料とは、その名の通り遮熱してくれる塗料の事です。 今回は郡山塗装で扱っている遮熱塗料「スーパーシャネツサーモ」という屋根の塗料を紹介したいと思います。 ちなみに、屋根だけでなく外壁の遮熱塗料もあるそうです!(私は最近知りました……)     2.スーパーシャネツサーモとは スーパーシャネツサーモは、紫外線の影響を受けにくい特殊無機顔料を使用しており、近赤外線を効果的に反射する塗料となっています。そのため、屋内の温度上昇を抑えられます。 また、特殊無機顔料には退色を遅らせる効果もありますので、長い間綺麗な色を保つことができます。   スーパーシャネツサーモにも、F(フッ素)とSi(シリコン)があります。 それぞれお値段、耐久年数等違いますので、ぜひそちらは弊社にお問い合せください。     3.遮熱塗料の効果(メリットとデメリット) メリットとしては先ほど述べた通り、遮熱塗料の使用で屋内の温度上昇を抑えられるので、エアコン代の節約等につながっていきます。 デメリットは正直ないのですが、しいていうなら一般的な塗料に比べるとお値段が少し高くなるところですかね……(^^; しかしエアコン代の節約を日々行い、遮熱塗料代が浮くと考えればお得に施工できると思いますので、 遮熱塗料が気になった方は郡山塗装の方にお気軽にお電話ください!!     創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を 積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、 誠心誠意対応させていただきます。 ■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります! ■創業90年以上の実績をぜひご覧ください! ■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります! (2023.11.11 更新) 詳しく見る
塗装豆知識スタッフブログ外壁塗装のご相談