郡山塗装の現場ブログ郡山塗装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 郡山塗装の現場ブログ > スタッフブログ > 【白河・西郷】屋根塗装・外壁塗装の時期について(南郷)

【白河・西郷】屋根塗装・外壁塗装の時期について(南郷)

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

福島県白河市の塗装会社 プロタイムズ白河店

株式会社郡山塗装白河支店の南郷です。

白河市の屋根外壁塗り替えならお任せください!

.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.。

 

皆様こんにちは!

今朝はどんより曇り空でしたが、なんとか雨は降らずに日が暮れましたね。

予報では17時からの降雨で、朝は那須岳がきれいに見えていましたので、本日、屋根の施工にふみきりましたが、内心ヒヤヒヤしておりました。

※屋根の塗装が乾く前に雨が降ってしまうと、雨の跡がついてしまい、次の作業時にケレンしてから塗装をしなければならなくなります。

 

さて、本日は塗装の適切な時期についてお話したいと思います。

先日、棚倉町まで現場調査へ行ってきました、築18年のスレート屋根&窯業系サイディングのお宅です。

「家を建ててから10年くらいで塗装のメンテナンスが必要といわれていたんだけどね……」と施主様。

お金のかさむ時期が重なり、住宅のメンテナンスが今になってしまったようです。

実際のところ、多くのお客様から同じようなお話をお伺いします。

 

住宅の、しかも屋根や外壁は普段注意して見ないと、劣化していることはわかりにくいですよね。

しかも、新築から10年ほどでメンテナンス時期が来る、なんて聞いたこともない、という方も少なくないかと思います。

 

塗装の時期は、どうすればわかるの? という方へ、一番わかりやすいのは水を外壁にふきかけてみることです。

防水性があると、車が撥水しているように、水がコロコロと流れ落ちていきます。

しかし防水性が切れていると、写真のように水をジワジワと吸い込んでしまいます。

防水性が切れて、水を吸い込んでしまうと、家を支えている梁や柱にまで水が浸入し、腐食してしまう可能性があります。

 

また、塗装にかけるお金が心配、という方も、リフォームローンもございますので、そちらも併せてご検討ください。

 

長年の思い出が詰まった大切なお住まいをいつまでも健康に保つために、しっかりとしたメンテナンスをおすすめいたします。

プロタイムズ白河店スタッフ一同、皆様のお住まいのメンテナンスをお手伝いできることを楽しみにしています。

 

 

 

外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

http://www.k-toso.co.jp/contact/

白河市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、「プロタイムズ白河店」までぜひご相談下さい!

 

お電話番号はコチラ ↓↓ 

0120-880-136

【営業時間9:00~18:00(月~土)】

ぜひお気軽にお電話ください!!

南郷極花

白河店リモデル事業部